私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« War Orphans/Bobo Stenson Trio | トップページ | Sonatas For Vilolin And Piano/Charles Ives »

2006/10/17

Rendezvous/Michel Camilo

Michelrend
ミシェル・カミロ旧譜手直し聴き4日目。彼のアルバムをどれから聴くかという問題がありますが、分かりやすさからいくと、キングから出た「ホワイ・ノット?」「イン・トリオ」などのファースト、セカンドあたりかと思いますが、トリオ作ではこのアルバムがけっこういいのでは?と思います。確かにこの3人が集まったのはキング作品でも何曲かでありましたが、この3人だけ、という録音はこのアルバムしかありません。まあ、この最強のコンビネーションを聴いてみましょう、と言いたいところです。サウンド的にはややフュージョン的なラテンになってしまうのでしょうけれど、とにかくスゴいです。このアルバム、まだ廃盤になってなければいいのですけど。(売ってますね、ホッ。)


Rendezvous/Michel Camilo(P)(Epic Sony) - Recorded Juanuary 18-20, 1993. Anthony Jackson(B), Dave Weckl(Ds) - 1. Tropical Jam 2. Caravan 3. El Realejo 4. Rendezvous 5. As One 6. Remembrance 7. Blacky 8. Albertina 9. From Within

ミッシェル・カミロ作は全9曲中7曲(1、4-9曲目)。おそらく最強のトリオでの演奏。ここまでキマるかというほどのキメの連続の曲もあり、しかも全員バカテク。明るいカリプソだけれどそのバカテク的なテーマで盛り上げる1曲目、モッタリしたミステリアスなアレンジの後半盛り上がるデューク・エリントン作の2曲目、フラメンコ・タッチの哀愁が強く起伏が大きい3曲目、静かな出だしから中盤盛り上がって、その後波がひいていくタイトル曲の4曲目、変拍子で、しかもよくズレないと思う、テンポの速いフレーズの5曲目、静かでメロディが繊細で美しいバラードの6曲目、メロディもリズムもアクロバティックな感じのファンクの7曲目、ブルース的というか、ユルいファンクというか、そんな8曲目、哀愁の盛り上がりを聴かせる9曲目。

« War Orphans/Bobo Stenson Trio | トップページ | Sonatas For Vilolin And Piano/Charles Ives »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12279661

この記事へのトラックバック一覧です: Rendezvous/Michel Camilo:

« War Orphans/Bobo Stenson Trio | トップページ | Sonatas For Vilolin And Piano/Charles Ives »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト