私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sankt Gerold/Paul Bley, Evan Parker, Barre Phillips | トップページ | Agram/Lena Willemark, Ale Moller »

2006/10/22

Grown Folk Bizness/Orrin Evans Trio

1175
Criss Crossレーベル順番聴き4日目。オリン・エヴァンスは独特のタッチとその黒っぽいフレーズでオリジナルを主に演奏するイメージだったのですが、ここではほとんどがジャズメン・オリジナルやスタンダード。リッチー・バイラーク作の「エルム」を演奏するなど、こういう濃いメンバーで、「えっ?こんな曲もやるの?」という感じですね。ただ、このキャラクターを生かした曲も当然あって、そういう意味では彼ららしさを楽しめたと言うか何と言うか。7-9曲目はクァルテットまたはクインテットでホーンを使用しています。他にもソロがあったりデュオがあったりと、本当の意味ではトリオの曲は少ないかもしれないのですが、そういうフォーマットにこだわらないのも彼らしいですね。


Grown Folk Bizness/Orrin Evans(P) Trio(Criss Cross 1175)(輸入盤) - Recorded June 5, 1998. Rodney Whitaker(B), Ralph Peterson(Ds), Ralph Bowen(As, Ts on 7, 9), Sam Newsome(Ss on 8-9) - 1. Rocking Chair 2. Firm Roots 3. That Old Feeling 4. The Elm 5. Bernie's Tune 6. Volution 7. Rhythm-A-Ning 8. Toy Tune 9. Route 80 East

(06/10/18)ほとんどジャズメン・オリジナルかスタンダードと、Orrin Evansには珍しい選曲。7-9曲目は管入り。黒っぽさもあるし、変わったピアノが印象的。もったりしたようなソロ・ピアノで訥々と語っていく、静かな割にはインパクトのある1曲目、アップテンポで目まぐるしい展開をする自由で変幻自在な2曲目、黒っぽかったり軽かったりする硬軟取り合わせた3曲目、リッチー・バイラーク作をそれらしく自己流を交えて表現する4曲目、バシッと気持ちよくキメがキマるアップテンポの5曲目、Ralph Peterson作をモーダルで変化に富んだ演奏をする6曲目、セロニアス・モンクと似た個性と言えば言える7曲目、ウェイン・ショーター作のちょっとミステリアスなミディアムの8曲目、クインテットで自由度の高いややアップテンポの9曲目。

« Sankt Gerold/Paul Bley, Evan Parker, Barre Phillips | トップページ | Agram/Lena Willemark, Ale Moller »

Criss Cross1151-1200番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12332394

この記事へのトラックバック一覧です: Grown Folk Bizness/Orrin Evans Trio:

« Sankt Gerold/Paul Bley, Evan Parker, Barre Phillips | トップページ | Agram/Lena Willemark, Ale Moller »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト