私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Klavier Feuer/ヴォルフガング・ダウナー・トリオ | トップページ | Mo'Bop 3/渡辺香津美 »

2006/09/27

Window Steps/Pierre Favre

1584
このあたりに発売された(?)国内盤で2-3種類ですが、予告や広告には出たものの、実際には店頭で発見できなくて輸入盤を購入したものもあります。このアルバムもそのひとつ。発売枚数が少なくなったのか、それとも予告だけで実際には発売されなかったのかは謎。ただ、この時期以降、輸入盤でしか入手できないECM盤(国内盤にならないもの)が少し増えた気がしています。国内メーカーの方で売れるものの絞込みをかけたのでしょうか。ここのピエール・ファヴル、パーカッショニストとして個性的なサウンドを聴かせる場面もあれば、パーカッションは奥に引っ込んで、作曲で聴かせる部分もあります。1曲目あたり、なかなかいいな、と思いました。


Window Steps/Pierre Favre(Per)(ECM 1584) - Recorded June 1995. Kenny Wheeler(Tp, Flh), Roberto Ottaviano(Ss), David Darling(Cello), Steve Swallow(B) - 1. Snow 2. Cold Noise 3. Lea 4. Girimella 5. En Passant 6. Aguilar 7. Passage

ピエール・ファヴルの作曲は1-4曲目で、5-6曲目が参加者のフリー・インプロヴィゼーション。出るところではメロディアスなパーカッションでひときわ個性を際立たせています。曲により参加メンバーが変化します。タイトルどおり「雪」を表わす冬の哀しみのメロディでせまってくる、叙情的な1曲目、民族的でパーカッシヴなテーマかと思ったら、ベースやパーカッションがソロをとっていく2曲目、しっとり感の高いメロディアスなバラードが印象に残る3曲目、静かな出だしからリズミカルなベースになり他の楽器が絡んでいく4曲目、4ビート的に浮遊感のある小品のインプロヴィゼーションの5曲目、スペイシーでどんよりとした雲が広がるような6曲目、デヴィッド・ダーリング作のやはりゆったりとスペイシーに進んでいく7曲目。

« Klavier Feuer/ヴォルフガング・ダウナー・トリオ | トップページ | Mo'Bop 3/渡辺香津美 »

ECM1551-1601番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60512336

この記事へのトラックバック一覧です: Window Steps/Pierre Favre:

« Klavier Feuer/ヴォルフガング・ダウナー・トリオ | トップページ | Mo'Bop 3/渡辺香津美 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト