私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mo'Bop 3/渡辺香津美 | トップページ | ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス »

2006/09/28

Visible World/Jan Garbarek

1585
ヤン・ガルバレクはECMの看板のアーティストの1人ですけれど、やっぱりアルバムを出すたびに独自路線を歩んでいきます。これもジャズだろうか、という人はたぶんいると思いますよ。ジャジーなビートはなく、マヌ・カッチェやマリリン・マズールが参加して、彼らのビートに乗って(参加していない曲もありますが)、ひたすらメロディを奏で、時にミステリアスな路線に入っていく、という75分間です。ただ、それでもこの人のファンが少なくはないのは、シャープな音色の強度のある(というよりは印象の深い)メロディを奏でているサックスにあると思うからです。何曲かはおそらく耳について離れないぐらいのメロディを耳にするでしょう。


Visible World/Jan Garbarek(Ss, Ts, Key, Per, Maraaker, Cl)(ECM 1585) - Recorded June 1995. Rainer Bruninghaus(P, Synth), Eberhard Weber(B), Marilyn Mazur(Per, Ds), Manu Katche(Ds), Trilok Gurtu(Tabla), Mari Boine(Vo) - 1. Red Wind 2. The Creek 3. The Survivor 4. The Healing Smoke 5. Visible World 6. Desolate Mountains 1 7. Desolate Mountains 2 8. Visible World 9. Giulietta 10. Desolate Mountains 3 11. Pygmy Lullaby 12. The Quest 13. The Arrow 14. The Scythe 15. Evening Land

11曲目のトラディショナルを除き、ヤン・ガルバレクの作曲ないしは共作。「トゥエルヴ・ムーン」とだいたい同じメンバーですが、今回は彼の多重録音(ではないものもあります)に共演者(曲によって参加者や人数が変化)が音を重ねているようです。多くの曲は日本人の心の琴線に触れる(特に2-3、12曲目か)、素朴ではっきりとしたサックスのメロディと響きがかなり印象的。1曲目は多重録音の美しい哀愁のメロディ。3曲目の哀愁とその迫力あるサウンドも見事。タイトル曲の5、8曲目はスペイシーでミステリアス。同じようなな方面の曲は6曲目、静かな折衷路線は7、9曲目。トラディショナルの11曲目も、素朴でもメロディが強い感じ。エキゾチックな14曲目。唯一ヴォーカルが参加している民族的な路線の12分台の15曲目。

« Mo'Bop 3/渡辺香津美 | トップページ | ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス »

ECM1551-1601番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60512327

この記事へのトラックバック一覧です: Visible World/Jan Garbarek:

« Mo'Bop 3/渡辺香津美 | トップページ | ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト