私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Visible World/Jan Garbarek | トップページ | Meeting Point/Egberto Gismonti »

2006/09/29

ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス

Braggtown
ブランフォード・マルサリスの新譜です。今はユニヴァーサル・ミュージックから出てるからいいけれど、東芝EMI時代はCCCDとの戦いでしたね。CCCDのため、欲しいCDも買わなかったことがありました。さて、今回の作品、個々の曲としては極めて完成度が高くて、つい聴き込んでしまいました。変拍子が多かったり、あるいは拍子がなかったり、モーダルというよりはややフリーに近かったりと、好みの点ではいろいろあるでしょうけれど。ただ、元気な曲と静かな曲の落差が激しく、続けて聴くと不自然な波があるのがちょっと気になります。通常ですとアルバム内で感じる落差はそんなにはないんですけれども。当然に水準以上だとは思うのですが、やっぱり聴く人を選ぶアルバムかな、と思います。


ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス(Ts、Ss)(Marsalis Music)
Braggtown/Branford Marsalis(Ts, Ss)(Marsalis Music) - Recorded March 13-16, 2006. Joey Calderazzo(P), Eric Revis(B), Jeff "Tain" Watts(Ds) - 1. Jack Baker 2. Hope 3. Fate 4. Blakzilla 5. O Solitude 6. Sir Roderick, The Aloof 7. Black Elk Speaks 8. Laughin' & Talkin' With Higg

ジョーイ・カルデラッツォ(P)、エリック・レヴィス(B)、ジェフ・”テイン”・ワッツ(Ds)とのクァルテット。ブランフォード・マルサリスの作曲は8曲中3曲(1、3、6曲目)で、5曲目以外はメンバーの作曲。爆発しそうな曲からクラシック(5曲目)やバラードなど静かな曲まで守備範囲は広い。変拍子で思いっきりモーダルに攻めまくっている激しい1曲目、非常に繊細で美しいメロディをもつ、盛り上がりの潮が満ちては引いていくような2曲目、そしてこれまたバラードがしっとりと続く3曲目、ゴジラをモチーフに、やはり変拍子でパワフルに吹きまくり、弾きまくり、叩きまくる4曲目、ヘンリー・パーセル作の、この編成でもバロック音楽ができてしまう5曲目、流れるように進んでいく、静かでメロディのきれいなバラードの6曲目、ちょっとややこしいテーマで、変幻自在な演奏が続く14分台の7曲目、不思議なビートの上をソロが飛ぶ8曲目。(06年9月12日発売)

« Visible World/Jan Garbarek | トップページ | Meeting Point/Egberto Gismonti »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>続けて聴くと不自然な波がある
そうそう、これこそが本作の問題だと思います。
これさえなければわたし的には間違いなく5つ星なんだけどなぁ(笑)

こちらからもTBさせていただきます。

>naryさん

TBありがとうございます。

私は静かな曲の方に印象が行ったのですが、爆発する曲もインパクトは強かったです。ただ、両者の中間ぐらいの曲も2曲ぐらい入ってうまく起伏をつけてくれたらなあ、というのはちょっと贅沢な希望でしょうか。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。
>不自然な波
という意識的な感覚までは、持てなかったのですがなんかなんだかなぁというのは、これに起因していた可能性はあるような気がします。
ちょっと聴き直してみます。

>oza。さん

TBありがとうございます。
このアルバム1曲1曲で聴いてみると結構良いんですけれど、1、4、7曲目が元気いっぱいなので、間に挟まる静かな曲との調和で考えると、というところがあります。私は静かな曲のほうが好みではありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12072413

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッグタウン/ブランフォード・マルサリス:

» Branford Marsalis BraggTown [JAZZとAUDIOが出会うと...]
ブランフォードマルサリスの新譜です。 メンツは、強力ないつもの2人(カルデラッツオ+ワッツ)に、ベーシストがエリックレヴィスです。 Branford Marsalis BraggTown(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1271757) しかし、ギャレットもそうだけど、ブランフォードもうまくなったなぁと、しみじみ思ったのですが ふと、イヤな予感が。。 実は、両人とも以前から充分うまかったのに、それを聴..... [続きを読む]

« Visible World/Jan Garbarek | トップページ | Meeting Point/Egberto Gismonti »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト