私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« アクセスカウンターの変更 | トップページ | JAPOレーベル経過報告 »

2006/09/11

Homecoming/Gateway

1562
久しぶりに大物のトリオの登場。17年ぶりだそうですが、ジョン・アバークロンビーデイヴ・ホランドジャック・ディジョネットのトリオはなかなかスゴいですね。ECMでもやはり好きなようにやらせてくれるのかどうか、4ビートの部分は少ないにしても、思いっきり彼ら流のジャズしている感じがしていて、けっこうイケます。もう1枚、同時に録音したアルバムで「In The Moment」というのが後日出てくると思いますが、そちらの方は全曲フリー・インプロヴィゼーション。こういうメンバーでやっていると、何をやらせてもスゴい、ということになってくるのでしょうね。


Homecoming/Gateway(ECM 1562) - Recorded December 1994. John Abercrombie(G), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds, P) - 1. Homecoming 2. Waltz New 3. Modern Times 4. Calypso Falto 5. Short Cut 6. How's Never 7. In Your Arms 8. 7th D 9. Oneness

3人が曲を持ち寄って17年ぶりのこのメンバーによる録音です。デイヴ・ホランドが4曲(1、3、6-7曲目)、ジョン・アバークロンビーが3曲(2、4-5曲目)、ジャック・ディジョネットが2曲(8-9曲目)作曲。けっこう自由なフォーマットで、濃密な演奏。再演ながらリズミカルで勢いもあってメロディアスでもある1曲目、深い哀愁の色を持っているワルツの2曲目、5拍子系サンバとでも言うべきノリの良い3曲目、タイトルどおりに明るいカリプソが熱帯を感じる4曲目、明るいメロディでウキウキするようなリズムの5曲目、変拍子ロック的な展開がカッコよさをもたらす6曲目、しっとりと静かなバラードを聴かせる7曲目、浮遊感があるテーマながらジャジーなノリもある8曲目、ディジョネットがピアノに持ち替えて叙情的な哀愁を示す9曲目。

« アクセスカウンターの変更 | トップページ | JAPOレーベル経過報告 »

ECM1551-1601番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60512486

この記事へのトラックバック一覧です: Homecoming/Gateway:

« アクセスカウンターの変更 | トップページ | JAPOレーベル経過報告 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト