私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Ou Bien De Debarquement Desastreux/Heiner Goebbels | トップページ | Nordic Quartet/John Surman/Karin Krog/Terje Rypdal/Vigleik Straas »

2006/09/02

Beautiful Friendship/Joe Farnsworth Sextet

1166
Criss Crossレーベル順番聴き5日目。今日は現在のところジョー・ファーンズワースのこのレーベル唯一のリーダー作です。作曲も1曲だけで、他のリーダー作にしても良かったのではないかな、と思います。例えば、シダー・ウォルトンは曲を2曲提供していますし。ということで、メンバー全体のトータルアルバムと考えることにします。だいたいの曲のサウンドカラーは似ているのですが、特に3曲目だけは異質です。ベースが入ることもあるものの、テナー・サックスとドラムスの一騎打ちで、モーダルでフリー一歩手前のやりたい放題、という感じの曲。ドラマーに焦点をあてているのでこういう曲もあってもいいかな、と思いますが、全体のバランスとしては崩れますね。


Beautiful Friendship/Joe Farnsworth(Ds) Sextet(Criss Cross 1166)(輸入盤) - Recorded December 11, 1998. Cedar Walton(P), Eddie Henderson(Tp, Flh), Eric Alexander(Ts), Steve Davis(Tb), Nat Reeves(B) - 1. Eddie's Mood 2. Beautiful Friendship 3. Joobie 4. Lament 5. I'm Not So Sure 6. Something In Common 7. I See You, Brother 8. Melancholee 9. Joe's Tempo

(06/08/27)Joe Farnsworthの作曲は7曲目のみで、他のメンバーの曲が5曲。現代ハードバップ色が強い曲が目立ちますが、他の方向の曲も。地に足をつけて一歩一歩踏み出していくようなミディアムのハードバップの1曲目、明るい曲調とクローズド・ハーモニーのテーマのホーンが印象的なスタンダードのタイトル曲の2曲目、サックスとドラムスではじまって、ピアノレス・トリオでアップテンポのモーダルな3曲目、J.J.ジョンソン作のじっくりと聴かせる哀愁のバラードの4曲目、8ビートのジャズ・ロック的なノリの5曲目、明るい曲調でややアップテンポの6曲目、テーマのメロディが美しい8分の6拍子の、アドリブはジャズする7曲目、リー・モーガン作のちょっと静かなバラードの8曲目、アップテンポでカッコ良いハードバップの9曲目。

« Ou Bien De Debarquement Desastreux/Heiner Goebbels | トップページ | Nordic Quartet/John Surman/Karin Krog/Terje Rypdal/Vigleik Straas »

Criss Cross1151-1200番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/11630769

この記事へのトラックバック一覧です: Beautiful Friendship/Joe Farnsworth Sextet:

« Ou Bien De Debarquement Desastreux/Heiner Goebbels | トップページ | Nordic Quartet/John Surman/Karin Krog/Terje Rypdal/Vigleik Straas »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト