私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Nordic Gallery/Edward Vesala Sound & Fury | トップページ | Standards In Norway/Keith Jarrett Trio »

2006/08/25

French Cookin'/セルジュ・デラート・トリオ

Sergefrench
澤野工房を追いかけようと思ったのは数年前になるけれど、当時はここのCDが入手困難盤が出るとは思いませんでした。Sketchレーベルも含めて、今入手困難なものって、あるみたいですね。DVDの方には興味がないのですが、いちおうCDの方ではコンプリートいっていると思います。さて、今日のセルジュ・デラート、フランスのピアニストですが、思索的な同国のピアニストが多い中、けっこう明るくて分かりやすいサウンドのトリオです。プロデュースの影響もあるのかもしれませんけれど、BGMにもいい感じですね。ただ、このところ同レーベルの新作(旧譜の発売も含む)がけっこう多いので、なかなか追いかけるのが大変になってきたのも事実です。


French Cookin'/セルジュ・デラート(P)・トリオ(澤野工房)
French Cookin'/Serge Delaite(P) Trio(Atelier Sawano AS059) - Recorded February 20-24, 2006. Pascal Combeau(B), Jean-Marc Lajudie(Ds) - 1. Voce Abuson 2. Houla-houla 3. Without A Song 4. Like A Game 5. Skylark 6. Three And One 7. Nascimento 8. Cynthia's Blues 9. Isotope 10. Alice In Wonderland 11. Camensac 89 12. Beyond The Bluebird 13. Home (Piano Solo)

澤野3作目で、セルジュ・デラート作は4曲(2、4、8、11曲目)。やはり明るくもあり繊細でもあり、聴きやすいサウンド。メロディアスで流れるようなボッサの1曲目、都会の渋さと軽さを持つややアップテンポの4ビートの2曲目、彼らしい陽気で元気なスタンダードの3曲目、8分の6拍子でやや淡いメロディの4曲目、しっとり感の漂うややスローな5曲目、サド・ジョーンズ作のメカニカルなテーマでアドリブは4ビートの6曲目、センスの良いややアップテンポのボッサの7曲目、迷彩色系のハーモニーとユーモラスなラインの8曲目、曲がりくねったラインのテーマの9曲目、夢見るようでも盛り上がりのあるワルツの10曲目、アップテンポで渋い雰囲気の11曲目、ミディアムでほんの少しブルージーな12曲目、ソロ・ピアノでの13曲目。(05年8月5日発売)

« Nordic Gallery/Edward Vesala Sound & Fury | トップページ | Standards In Norway/Keith Jarrett Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/11558025

この記事へのトラックバック一覧です: French Cookin'/セルジュ・デラート・トリオ:

« Nordic Gallery/Edward Vesala Sound & Fury | トップページ | Standards In Norway/Keith Jarrett Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト