私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Philly-New York Junction/John Swana - Joe Magnarelli Sextet | トップページ | Crossfire/Steve Davis Sextet »

2006/07/06

While We're Young/John Abercrombie

1489
オルガン・トリオのジャズなのに、コテコテどころか、全然涼しくてスマートなジャズというのも珍しいでしょう。それがここにあります。涼しいというよりは、時には冷たい感じすらします。暑苦しくて汗にまみれて、というイメージが全然なくて、ECMならばこういうのもアリかな、と納得してしまいます。かといって静かなばかりではなくて、スリリングなフレーズで盛り上がる場面もちゃんと用意されています。それでもECMのサウンドカラーに包まれていて、なかなか温度感を上げていかないのが面白いところ。3人のメンバーの組み合わせの妙、ということもあるかもしれませんが。


While We're Young/John Abercrombie(G)(ECM 1489) - Recorded June 1992. Dan Wall(Org), Adam Nussbaum(Ds) - 1. Rain Forest 2. Stormz 3. Dear Rain 4. Mirrors 5. Carol's Carol 6. Scomotion 7. A Matter Of Time 8. Dolorosa

ジョン・アバークロンビー とダン・ウォールの曲が半々なので、実質双頭アルバムか。昔ながらのハモンドオルガンの音ですが、全体のサウンドはクールなまとまり。また、曲の構成もオルガンジャズの路線から大きく外れていて新鮮です。静かな場面からはじまって実に温度感の低い1曲目、持続音のオルガンがバックで2人のやや激しいフリー・インプロヴィゼーションが繰り広げられる2曲目、しっとりとした「雨」のようなゆったりめのバラードの3曲目、アップテンポの4ビートもあるけれども冷ややかでスリリングな4曲目、ちょっとジャジーながらも4ビートにはならない5曲目、ちょっとゆったりと包み込むように進む6曲目、浮遊感がありつつも哀愁もそこはかとなくある7曲目、静かながらもファンクっぽさを感じる沈んだ8曲目。

« Philly-New York Junction/John Swana - Joe Magnarelli Sextet | トップページ | Crossfire/Steve Davis Sextet »

ECM1451-1500番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513051

この記事へのトラックバック一覧です: While We're Young/John Abercrombie:

« Philly-New York Junction/John Swana - Joe Magnarelli Sextet | トップページ | Crossfire/Steve Davis Sextet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト