私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 検索順位は影響あるのかないのか | トップページ | Folly Seeing All This/Michael Mantler »

2006/07/02

インダストリアル・ゼン/ジョン・マクラフリン

Johnindust
ジョン・マクラフリンのフュージョン作品か、と思っていたら、まわりで聴いた人がこれはスゴいと言いはじめたんですね。早めに購入して聴いたら、やっぱりこの人、スゴいなあと思わせるほどのハード・フュージョンでした。しかも、特に曲ごとにベーシストやドラマーを使い分けている贅沢さ。曲によってはタブラなんかも入ったりして強烈にテクニカルなビートが打ち出されるので、半分ノックアウトされたような感じです。もちろん静かな場面も独特な味わいがあります。個人的にはハードな曲の方が好きですけど、この歳でこういう激しい現代的なサウンドを創りだせる、マクラフリン、やっぱりタダモノではありません。


インダストリアル・ゼン/ジョン・マクラフリン(G、Prog)(Verve)
Industrial Zen/John McLaughlin(G, Prog)(Verve) - Released 2006. Bill Evans(ss, Ts), Gary Husband(Key, Ds), Hadrian Feraud(B), Mark Mondesir(Ds), Eric Johnson(B), Vinnie Colauta(Ds), Ada Rouvatti(ss, Ts), Dennis Chambers(Ds), Zakir Fussain(Tabla), Tony Grey(B), Matthew Garrison(B), Otmaro Ruiz(Synth), Shankar Mahadevan(Vo) - 1. For Jaco 2. New Blues Old Bruise 3. Wayne's Way 4. Just So Only More So 5. To Bop Or Not To Be 6. Dear Dalai Lama 7. Senor C.S. 8. Mother Nature

全曲ジョン・マクラフリン作曲ないしは共作。曲ごとに豪華な顔ぶれがかわる、上質なハード・フュージョン。しかもタブラやヴォーカルなど、曲によりインドの風味も少し。ハードでスピーディーなノリで、フレットレス・ベースがジャコに捧げられた1曲目、エリック・ジョンソン参加のゆったりしたファンク・ブルースといった感じの前後が静かな2曲目、エキゾチックな浮遊感のあるテーマを持っているエスニ・ファンクの3曲目、素朴にはじまって中盤でゴリゴリ盛り上がっていく4曲目と、同様な展開を見せる12分台もの6曲目、やや憂いのあるファンクのマイケル・ブレッカーに捧げられた5曲目、ファンクの上を哀愁のギターが漂う7曲目、個性的なヴォーカルのある打ち込みが満載の8曲目。デニス・チェンバースは3、5-6曲目に参加。(06年6月7日発売)

« 検索順位は影響あるのかないのか | トップページ | Folly Seeing All This/Michael Mantler »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらも、TBさせていただきます。
この盤は、まさに「上質なハード・フュージョン」でした!!

>oza。さん

これもまたいいですよね。
何度も聴き返しています。

当方からもTBさせていただきます。

待ってました!
さっそくTBさせていただきます。

>naryさん

TBありがとうございます。

当方から先にTBさせていただこうと思っていたんですが、先越されちゃいましたね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/10548165

この記事へのトラックバック一覧です: インダストリアル・ゼン/ジョン・マクラフリン:

» John MclaughlinIndustrial Zen [JAZZとAUDIOが出会うと...]
更新するときは、6:00〜7:00の間にしてる(基本的にその場で書いている)のですが 今日(2006/5/25)は、メンテナンスが遅れてるとのことで、この時間に更新できません(悲) ということで、いつもの時間にテキストエディタで書いておいて更新しました(笑) さて、ジョンマクラフリンの新譜です。 久々のFUSION作品と言うことで、ちょっと期待して買ってきました。 自分が買った初めてのマクラフリン盤が Adventures In Radioland (http://www.h..... [続きを読む]

« 検索順位は影響あるのかないのか | トップページ | Folly Seeing All This/Michael Mantler »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト