私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ニフティのブログが不調につき | トップページ | Olivier Messiaen: Meditations Sur Le Mystere De La Sainte Trinite/Christopher Bowers-Broadbent »

2006/07/10

フラグメント/ジャンクボックス

Junkbox
田村夏樹藤井郷子の共同プロジェクトで、そこにジョン・ホーレンバックというパーカッショニストが加わります。フリーにはドシャメシャのフリー、ECM的な耽美的で静かなフリー、非イディオム系のフリーと大きく分けると3種類ぐらいあると思いますが、ここではその3つが合わさったような不思議な世界が展開しています。ただ、やっぱりフリーなので、聴く人を選ぶとは思いますが、こういう世界にハマると世界が広がってくるのも確か。この両氏、6月にもビッグバンドばかり4種類もCDを発売しているので、聴くのが追いつくかどうか心配ですけれど、現代日本で、質・量ともに日本一のフリー系のジャズ・ミュージシャンな事は間違いないと思います。


フラグメント/ジャンクボックス(Libra)
Fragment/Junk Box(Libra Records) - Recroded March 17, 2004. Natsuki Tamura(Tp), Satoko Fujii(P), John Hollenbeck(Per) - 1. A Dream In The Dawn 2. Ants Are Crossing The Highway 3. Getting Lost On Snowy Day 4. At Intersection, On A Rainy Day 5. Looking Out Of The Window 6. Your Neighbors 7. Wok Cooking 8. Tin Can Gozilla 9. Cat's Nap 10. Lullaby

全曲藤井郷子作曲。「おもちゃ箱の中」「記憶の断片」のような音らしいのですが、イディオムと非イディオム(特にトランペット)を行きつ戻りつしたフリーの世界。そんな世界の、静かな場面から徐々に盛り上がる小品の1曲目、時に激しく、時に静かに語り合うフリー・ジャズの2曲目、トランペットの不思議な音がゆったりと雅楽のように漂って、ピアノ(弦に細工?)も硬質ながらスペイシーな3曲目、非イディオム系というよりは音そのもののような4曲目、硬質なピアノと、トランペットが寄り添ったり離れたりして少しずつ盛り上がる5曲目、ユーモラスで緩急自在な引用も多いフリーの6曲目、3人の緊張感のあるやり取りの7-8曲目、ひたすらスペイシーな9曲目、変拍子のピアノとうめくホーン、その後不思議な響きも続く10曲目。(06年4月23日発売)

« ニフティのブログが不調につき | トップページ | Olivier Messiaen: Meditations Sur Le Mystere De La Sainte Trinite/Christopher Bowers-Broadbent »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/10746111

この記事へのトラックバック一覧です: フラグメント/ジャンクボックス:

« ニフティのブログが不調につき | トップページ | Olivier Messiaen: Meditations Sur Le Mystere De La Sainte Trinite/Christopher Bowers-Broadbent »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト