私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« YOGI JAZZ/ヨキ・フロイント・セクステット | トップページ | ニフティのブログが不調につき »

2006/07/09

If You Look Far Enough/Arild Andersen

1493
今日はアリルド・アンデルセンのアルバム。北欧のトラディショナルも数曲演奏していますけれど、ここでもナナ・ヴァスコンセロスの異国のワールド風味が加味されて、不思議な音世界をさまよいます。また、ギターのラルフ・タウナーは参加曲が多くないですが、やはり彼らしい調子で参加しています。こういう世界各地からの音の融合、ECMでは得意ですけれど、必然的にジャズ色は薄まっていきますね。これをサウンドの美意識ととらえるか、ジャズの拡散ととらえるかは意見が分かれるところでしょうけれど。


If You Look Far Enough/Arild Andersen(B)(ECM 1493) - Recorded Spring 1988, July 1991 and February 1992. Ralph Tawner(G), Nana Vasconcelos(Per), Audun Kleive(Snare Dr) - 1. If You Look 2. Stev 3. For All We Know 4. Backe 5. The Voice 6. The Woman 7. The Place 8. The Drink 9. Main Man 10. A Song I Used To Play 11. Far Enough 12. Jonah

アリルド・アンデルセン作は全12曲中5曲(1-2、4、10-11曲目)、参加者のインプロヴィゼーションは5、9曲目。割と渋い演奏がそこにあります。ノルウェイのトラディショナル・ソングの演奏も3曲(6-8曲目)あり、パーカッションとのデュオで雰囲気が出ています。個人的に最後の曲のソロ・ベースが好み (何とポール・サイモンの曲)。ベースをシンセサイザーのようなエフェクトをかけた雄大でゆったりした1曲目、速めのスリリングなフレーズが舞う2曲目、ベースのメロディアスな流れにギターが絡む3曲目、しっとりとメロディが進んでいく4曲目、シンセ的ベースとパーカッションの妙の5曲目、3人でなかなかノリの良い演奏を聴かせる9曲目、ゆったりメロディ系でせまる10曲目、タイトルと内容で1曲目と対になる11曲目。

« YOGI JAZZ/ヨキ・フロイント・セクステット | トップページ | ニフティのブログが不調につき »

ECM1451-1500番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513035

この記事へのトラックバック一覧です: If You Look Far Enough/Arild Andersen:

« YOGI JAZZ/ヨキ・フロイント・セクステット | トップページ | ニフティのブログが不調につき »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト