私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Gyorgy Kurtag/Robert Schumann/Hommage A R. Sch. | トップページ | Musica De Sobrevivencia/Egberto Gismonti Group »

2006/07/25

Heart Of Darkness/Conrad Herwig Sextet

1155
Criss Crossレーベル順番聴き3日目。今までこのレーベルを毎月10枚聴くことを目標にしてきましたが、あと70枚の未聴盤の残りを、急に入手することになってしまったため、その満足感からか、他のレーベルの未聴盤が増えてしまったからか、このレーベルのペースが落ちてしまいました。さて、頑張って聴いて行きましょう(笑)。このアルバム、現代的で都会的と書くとカッコ良いアルバムと受け取りますが、やっぱり難解なサウンドに属する方で、聴く人をある程度選ぶんじゃないかと思います。6曲目あたり何となく「ジャイアント・ステップス」を連想したり、親しみやすいメロディが希薄だったりということもあるので。個人的にはこういうサウンド、好きな部類なんですけどね。


Heart Of Darkness/Conrad Herwig(Tb) Sextet(Criss Cross 1155)(輸入盤) - Recorded December 10, 1997. Walt Weiskopf(Ts, Ss), Stefon Harris(Vib), Bill Charlap(B), Peter Washington(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Heart Of Darkness 2. Secret Sharer 3. Inner Sincerity 4. Silent Tears 5. The Instigator 6. Watch Your Steps 7. The Lamp Is Low 8. Tilt

(06/07/23)7曲目を除きConrad Herwigの作曲。都会的で先鋭的な現代ジャズの印象が強いです。ちょっと硬質感も。浮遊感がありつつもメカニカルで複雑なテーマが繰り広げられるアップテンポで自在なタイトル曲の1曲目、モーダルでありメカニカルな絡み合いが続くような、緊張感がありながらミディアムで進む2曲目、やはり現代的なサウンドのラテン・ミュージックの3曲目、しっとり感の高い静かなメロディを奏でていくバラードの4曲目、出だしはベースがメインのちょっとスローなテンポから、ミディアムになってやや渋めにせまってくるサウンドの5曲目、アップテンポで転調の多いシーツ・オブ・サウンド調の6曲目、綾織り系のハーモニーとモーダルなソロが響く7曲目、メカニカルなフレーズが目まぐるしいアップテンポの8曲目。

« Gyorgy Kurtag/Robert Schumann/Hommage A R. Sch. | トップページ | Musica De Sobrevivencia/Egberto Gismonti Group »

Criss Cross1151-1200番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/11070287

この記事へのトラックバック一覧です: Heart Of Darkness/Conrad Herwig Sextet:

« Gyorgy Kurtag/Robert Schumann/Hommage A R. Sch. | トップページ | Musica De Sobrevivencia/Egberto Gismonti Group »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト