私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Atmos/Miroslav Vitous/Jan Garbarek | トップページ | Walter Frye/The Hilliard Ensemble »

2006/06/23

Hoop Dreams/Joe Magnarelli

1280
Criss Crossレーベル新譜順番聴き3日目。今日はJoe Magnarelli。相変わらず明るめのサウンドとフレーズを持っています。基本編成はギターが抜けたクァルテットが多いです。クインテットも5、10曲目にあり、その他ピアノレス・トリオ、ギターとのデュオと、さまざまな編成で聴かせてくれます。どうせならピーター・バーンスタインにはもっと出て欲しかったというのもありますけれど、まあ曲によっては欲張らない編成なのでこれで良しとしましょう。ピアノのGary Versaceはあまり聞いたことがない名前でCriss Crossでの録音は少ないですが、この人のピアノ、けっこう好みです。


Hoop Dreams/Joe Magnarelli(Tp, Flh)(Criss Cross 1280)(輸入盤) - Recorded June 1, 2005. Peter Bernstein(G), Gary Versace(P), Paul Gill(B), Tony Reedus(Ds) - 1. Genet 2. Division Street 3. Paris In The Spring 4. Ask Me Now 5. Hoop Dreams 6. I mean You 7. Old Folks 8. Dance Only With Me 9. Monk's Mood 10. Barretto's Beat

(06/06/04)Joe Magnarelli作は4(1-2、5、10曲目)。相変わらすメロディアスでカラッとした空気を運んでくれます。陰りのないところが彼らしい作曲やフレーズの1曲目、やや中間色的なボッサが心地良い2曲目、スタンダードを優しさと意外に張り切っているアドリブで進行する3曲目、セロニアス・モンク作がギターとのデュオでオブラートにかかったような4曲目、引っかかるようなリズムのブルース進行でバリバリと演奏しているタイトル曲の5曲目、またモンク作をトリオでミュート・トランペットで吹ききる6曲目、ゆったりと演奏するスタンダードのバラードの7曲目、静かにピアノがはじまりワルツで楽しそうにメロディが踊る8曲目、再度モンク作をギターとのデュオでの9曲目、勢いのあるややアップテンポの曲で締めくくる10曲目。

« Atmos/Miroslav Vitous/Jan Garbarek | トップページ | Walter Frye/The Hilliard Ensemble »

Criss Cross1251-1300番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/10387278

この記事へのトラックバック一覧です: Hoop Dreams/Joe Magnarelli:

« Atmos/Miroslav Vitous/Jan Garbarek | トップページ | Walter Frye/The Hilliard Ensemble »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト