私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Adventure Playground/John Surman | トップページ | ウェス・モンゴメリーに捧ぐ/パット・マルティーノ »

2006/06/13

今年はなぜかよく出るECM

今年になって(昨年末頃のリリースのものもあると思いますが)、ECM(New Seriesを含む)がよく出るなあ、と思って数えてみたら、現在注文中のものも含め、19枚もありました。まだ今年も半年たってないのによく出るなあ。

これだけ出るとマンフレート・アイヒャーの統括下におかれていないアルバムもあるようで、いつものECMとは違ったサウンドを楽しめるものもあります。

まだこれからアルバムコメントを書こうと思っている「サウダージス/トリオ・ビヨンド」は、故トニー・ウィリアムスに捧げられたアルバムで、ジャック・ディジョネット(Ds)、ジョン・スコフィールド(G)、ラリー・ゴールディングス(Org)のスゴいメンバーで、ECMらしからぬ外向的な音を出しています。

それと、「サンガム/チャールス・ロイド」の2枚かな、今年のECMレーベルで非常に印象に残ったのは。

万人向けではないかもしれませんが、けっこう良いですよ。

« Adventure Playground/John Surman | トップページ | ウェス・モンゴメリーに捧ぐ/パット・マルティーノ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45524024

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はなぜかよく出るECM:

« Adventure Playground/John Surman | トップページ | ウェス・モンゴメリーに捧ぐ/パット・マルティーノ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト