私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Bridge Of Light/Keith Jarrett | トップページ | Aquarian Rain/Barre Phillips »

2006/06/04

Battle Cry/Ryan Kisor Quartet

1145
Criss Crossレーベル順番聴き4日目。ライアン・カイザーのレーベルリーダー作1作目ですが、このとき彼はまだ24歳だったとのこと。もうすでにいろいろなバンドでの実戦を積んでいるだけに、若いというイメージだけで聴くのはもったいないかも、という思いがあります。かなり流暢でシャープなアドリブという感じ。それに、バックのメンバーがまた良いですよね。サム・ヤヘル、ピーター・バーンスタインときて、ブライアン・ブレイドですぜ。曲の方は、オリジナルなどではストレート・アヘッドな渋い感じもあるにしろ、スタンダード方面の曲では、メロディアスで明るいイメージがあります。これも彼のキャラクターなのか、それともこのメンバーだからこそのサウンドなのか。


Battle Cry/Ryan Kisor(Tp) Quartet(Criss Cross 1145)(輸入盤) - Recorded October 11, 1997. Sam Yahel(Org), Peter Bernstein(G), Brian Blade(Ds) - 1. Battle Cry 2. It Happens 3. Falling In Love With Love 4. I'm Old Fashioned 5. Birdlike 6. Sweet Punpkin 7. If Ever I Would Leave You

(06/05/21)Ryan Kisorのクリスクロス第一弾。彼の作品は2曲(1-2曲目)。的確で端正なトランペットという印象。不規則にも聴こえるテーマの後にややアップテンポでシャープに斬っていくような彼のアドリブの演奏が耳に残るタイトル曲の1曲目、メロディアスなコード進行とソロが流麗に響いていくものの、オルガンがややもっさりした印象もあるややアップテンポの2曲目、ちょっと変わったイントロと早めのワルツ進行のスタンダードでメロディアスな3曲目、一転スローなバラードでしっとり加減のフレーズを奏で上げていくような4曲目、フレディー・ハバード作の飛び回るようなアップテンポでアドリブも速い5曲目、心地良いテンポで明るいメロディが心弾ませる6曲目、アップテンポながらやはり明るさのあるスタンダードの7曲目。

« Bridge Of Light/Keith Jarrett | トップページ | Aquarian Rain/Barre Phillips »

Criss Cross1101-1150番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/10189293

この記事へのトラックバック一覧です: Battle Cry/Ryan Kisor Quartet:

« Bridge Of Light/Keith Jarrett | トップページ | Aquarian Rain/Barre Phillips »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト