私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sagn/Arild Andersen | トップページ | Re-Enter/Masqualero »

2006/05/23

Musik Fur Zwei Kontrabasse, Gitarre & Schlagzeug/Christy Doran/Fredy Studer/Bobby Burri/Oliver Magnent

1436
実はこのアルバム、日本盤が発売されていて、その時のタイトルが「2台のコントラバスとエレクトリックギターとパーカッションの為の音楽」と、ほぼ直訳なのは良いんですけど、これではクラシックよりの音楽も想像してしまいますよね。通常のECMのフリー・インプロヴィゼーションよりはやや過激で、いわばフリー・ミュージックのような感じの曲も多いのですが、ではよそでこういうものを出せるかと言われると、ちょっと困ってしまう。やっぱりECMなのかな、と思いますが、ギターのクリスティ・ドラン、現状ではECMではこの1作だけだったと思います。ほぼ同時期にJMTレーベルにも作品を残していますけれど。


Musik Fur Zwei Kontrabasse, Gitarre & Schlagzeug/Christy Doran(G)/Fredy Studer(Ds, Per)/Bobby Burri(B)/Oliver Magnent(B)(ECM 1436) - Recording May 1990. - 1. Siren 2. Chemistries 1 3. Collage 4. Chemistries 2 5. Ma Perche 6. 'Seen A Man About A Dog 7. SCD 8. U7

全8曲中8曲目がBobby Burriの作曲の他はクリスティ・ドランの作曲。全体を通して、フリー・ミュージックという感じ。2人のベースというのが珍しいし、アンサンブルの難しいところかも。もちろん1曲目のようにリズムがはっきりしていて、その上にけっこうハードなロック的なエレキ・ギターなどが乗っかっていますが、その後もさまざまに自由に変化していくところは個性的。2、4曲目は同タイトルで、ゆったりからはじまって静かなフリーですが、やっぱり変幻自在なところがあります。メカニカルでアヴァンギャルドなフリーの3曲目、皆交互に好き勝手やっているようで求心力も感じる5曲目、シンセサイザーのようなギターが流れていく6曲目、リズミカルなアプローチが印象的な7曲目、ダイナミックな展開で絡み合っている8曲目。

« Sagn/Arild Andersen | トップページ | Re-Enter/Masqualero »

ECM1401-1450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513402

この記事へのトラックバック一覧です: Musik Fur Zwei Kontrabasse, Gitarre & Schlagzeug/Christy Doran/Fredy Studer/Bobby Burri/Oliver Magnent:

« Sagn/Arild Andersen | トップページ | Re-Enter/Masqualero »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト