私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Infancia/Egberto Gismonti Group | トップページ | 何だか雨の日が多いような気がする »

2006/05/17

Music For Films/Eleni Karaindrou

1429
うーん、このエレニ・カラインドルーの映画音楽集、ジャズのカテゴリーに入れるかどうか非常に迷ったんですけれども、ECMで最もジャズらしからぬインプロヴィゼーションも似たようなものであること、ヤン・ガルバレクが4曲に参加していることなどから、あえてジャズに分けてみようかと思ったけど、やっぱり映画音楽かな。ただ、内容は非常に重い、クラシック/現代音楽の要素もあるような映画音楽。彼女の作曲したギリシャ映画って観たことはないのですが、ある映画は救いようのないくらい暗い映画で、主人公は最後に全てのものを失ってしまう内容だったそうです。そういうシリアスな内容の映画にはまさに彼女の曲はうってつけなんじゃないかと思える哀しみを感じます。


Music For Films/Eleni Karaindrou(P, Vo)(ECM 1429) - Jan Garbarek(Ts), Vangelis Christopoulos(Oboe), Anthis Sokratis(Tp), Nikos Guinos(Cl), Tassos Diakoyiorgis(Santouri), Vangelis Skouras(French Horn), Petros Protopapas(Fl), Andreas Tsekouras(Accordeon), Christos Sfetsas(Cello), Vassilis Dertilis(Key), String Ensemble, Directed by Lefteeris Chalkiadakis - 1. Farewell Theme 2. Elegy For Rosa 3. Fairytale 4. Parade 5. Return 6. Wandering In Alexandria 7. The Journey 8. Scream 9. Adagio 10. Fairytale 11. Parade 12. Elegy For Rosa 13. Roas's Song 14. Improvisation On Farewell And Waltz Theme 15. Wandering In Alexandria 16. Song 17. Farewell Theme 2

エレニ・カラインドルーはギリシャ生まれで、曲作りにもその民族性が強く出ているような気がします。彼女の’79年から’80年代後半にかけてのさまざまな映画音楽集との事ですが、このような渋い映画 音楽はなかなか聴いた事がありません。そして’90年ヴァージョンとして録音しなおしたものも。音楽は全17曲ありますが、もやのかかった夕暮れ時の、薄暗く、しかもゆっくり時の流れるような静かな感じです。どの曲も強い哀愁が感じられて、重みのある哀しい映画なのだなと思わせます。救いのない、あるいは少ないシリアスさ。そして、クラシックとの境目もあいまいな音楽。事実、彼女のアルバムはNew Seriesから出ているものも。ヤン・ガルバレクの参加曲は1、8、14、17曲目で「The Beekeeper」という映画のもの。

« Infancia/Egberto Gismonti Group | トップページ | 何だか雨の日が多いような気がする »

ECM1401-1450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

映画音楽・サウンドトラック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513434

この記事へのトラックバック一覧です: Music For Films/Eleni Karaindrou:

« Infancia/Egberto Gismonti Group | トップページ | 何だか雨の日が多いような気がする »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト