私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ふつか酔い(お酒が弱くなったなあ) | トップページ | ECM1551-1559番手直し終了 »

2006/04/23

Paris Concert/Keith Jarrett

1401
Paris Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1401) - Recorded October 17, 1988. - 1. Octover 17, 1988 2. The Wind 3. Blues

ますます深みを増している感じ。メインの1曲目は、出だしから7分ほどはバッハの風味がそこはかとなく漂う雰囲気。次に、短調で一定の音程が繰り返される左手の中を、舞い踊っている右手が徐々にドラマを作り出していきます。一転、静かな風景が目の前に広がり、再び短調で盛り上がっていきます。左手が低音から中音に移って印象的で連続的な音の連なり。しばらくしてそこから浮かび出てくる安らぎのメロディ。そして、静かに、静かに、終わっていきます。2曲目は珍しくラス・フリーマン作曲のスタンダード。慈しむように静かにピアノを弾いています。3曲目は、何と「ブルース」というタイトル。これがまた 、彼独自の表現だと思われますが、いわゆるブルース度が高いのだから意外で、聴いていて楽しい。(01年8月22日発売)

« ふつか酔い(お酒が弱くなったなあ) | トップページ | ECM1551-1559番手直し終了 »

ECM1401-1450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

このアルバムは好きな1枚。キースは加齢とともにピアノを美しく鳴らすように変わっている、と思います。ケルンと比べるとそう思います。Windがラス・フリーマンとは知りませんでした。いい曲ですね。
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2016/08/21/090829

>kenさん

コメントどうもありがとうございます。

キースのソロアルバムも増えてしまってますが、私もけっこう印象に残っている1枚です。確かにピアノの鳴らし方がいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513608

この記事へのトラックバック一覧です: Paris Concert/Keith Jarrett:

« ふつか酔い(お酒が弱くなったなあ) | トップページ | ECM1551-1559番手直し終了 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト