私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Andina/Dino Saluzzi | トップページ | Mozart/Scelsi/Part/Bartschi/Busoni/Werner Bartschi »

2006/03/31

Waitin' And Waitin'/Bobby Broom Trio/Quartet

1135
Criss Crossレーベル順番聴き5日目。3月もレーベルも、これでまたちょっとひと区切り。今日はギター・トリオと、それに数曲でテナー・サックスを加えたクァルテットのアルバム。個人的にはいいなあ、と思うんですけれども、ボビー・ブルームというギタリスト、このレーベルではサイド参加作を含めてたった3枚の録音、Amazonなどで検索してもあまりリーダー作を出していないんですね。おまけに彼のもう一枚のリーダー作、No Hype Blues(Criss Cross 1109)は廃盤ではなくても、在庫なし、再生産の予定もなしで入手困難盤になってしまいました。ちょっと地味かなとも思えるところが損をしているのでしょうか。


Waitin' And Waitin'/Bobby Broom(G) Trio/Quartet(Criss Cross 1135)(輸入盤) - Recorded December 28, 1996. Ron Blake(Ts), Dennis Carrol(B), George Fludas(Ds) - 1. Without A Song 2. Hot House 3. Always 4. The End Of A Love Affair 5. Burt's Blues 6. Speedball 7. Waitin' And Waitin' 8. Mo'

(06/03/27)Bobby Broom作は全8曲中3曲(5、7-8曲目)。ベースはエレキベース。コード奏法があったり、メロディも分かりやすく、親しみやすいアルバム。数曲(2、5-7曲目)にサックスも参加。旋律を聴いているとメロディアスで聴きやすく、スタンダードの料理方法もゴキゲンな1曲目、サックスと陽気にノリも良く曲を進めていく2曲目、ソロ・ギターからはじまって3人でミディアムで明るい3曲目、しっとり感の強いスローなバラードでやや淡色系のギターを聴かせる4曲目、あまりブルースっぽくない進行だけれどちょっとメカニカルな感じがいい5曲目、リー・モーガン作の燃えるような4ビートの6曲目、内省的なメロディで温度感が低いバラードのタイトル曲の7曲目、アップテンポでギターの流麗なフレーズを聴かせる8曲目。

« Andina/Dino Saluzzi | トップページ | Mozart/Scelsi/Part/Bartschi/Busoni/Werner Bartschi »

Criss Cross1101-1150番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/9287251

この記事へのトラックバック一覧です: Waitin' And Waitin'/Bobby Broom Trio/Quartet:

« Andina/Dino Saluzzi | トップページ | Mozart/Scelsi/Part/Bartschi/Busoni/Werner Bartschi »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト