私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Trio Music, Live In Europe/Chick Corea/Miroslav Vitous/Roy Haynes | トップページ | Emergence/Miroslav Vitous »

2006/02/04

Current Events/John Abercrombie

1311
国内盤が続くと、さすがにスゴいメンバーのアルバムがこの時期続きます。ついでにホームページのミュージシャン特集の部分も手直しができてしまうので一石二鳥です。ECMのジョン・アバークロンビーのアルバムで一番好きなのは、マーク・ジョンソン、ピーター・アースキンの入っているこのトリオのアルバムです。ギタートリオでありながら4ビートの定型ビートを刻む場面もほとんどなく、それでいて過激にも繊細にもなれる懐の深さを持っています。あと、特徴的なのはギター・シンセサイザーも登場して、場合によってはそれとギターとの多重録音になっていること。やはりこのあたりの時代を感じさせる出来事ではありますね。


Current Events/John Abercrombie(G)(ECM 1311) - Recorded September 1985. Marc Johnson(B), Peter Erskine(Ds) - 1. Clint 2. Alice In Wonderland 3. Ralph's Piano Waltz 4. Lisa 5. Hippityville 6. Killing Time 7. Still

スゴいメンバー。1曲目がいきなり16ビート のギター・シンセサイザーも使った曲で 、少し懐かしいメロディ。この曲は3人でのフリー・インプロヴィゼーション。3-7曲目はジョン・アバークロンビーの作曲。ECMらしく静かな曲も多く、ジャズともフュージョンとも形容するのは難しい微妙な感じ。幻想的で夢見心地な、静かな映画音楽の2曲目、ピアノワルツと言いながら実際は美しい陰影のあるギターワルツになっている3曲目、アコースティック・ギターのソロでしっとりとしたバラードを聴かせる4曲目、独特なギターのアルペジオにのせて淡々とフレーズが多重録音で奏でられつつ盛り上がる5曲目、静寂から徐々にフリーのように過激な展開になっていく6曲目、ギター・シンセサイザーなどをバックに淡々とギターを演奏する7曲目。

« Trio Music, Live In Europe/Chick Corea/Miroslav Vitous/Roy Haynes | トップページ | Emergence/Miroslav Vitous »

ECM1301-1350番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513952

この記事へのトラックバック一覧です: Current Events/John Abercrombie:

« Trio Music, Live In Europe/Chick Corea/Miroslav Vitous/Roy Haynes | トップページ | Emergence/Miroslav Vitous »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト