私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« From Now On.../Scott Wendholt Quartet/Sextet | トップページ | More Urban Tones/Grant Stewart Quartet »

2006/02/13

Cloud About Mercury/David Torn

1322
このアルバム、かなり早い時期に輸入盤を購入していた(’98年4月以前)購入リストからはもれていました。でもリズムセクションがトニー・レヴィンとビル・ブラッフォードというのも珍しいですね。ただ、通常のベースとドラムスとして前面に出さないで(その方が売れたと思うのですが)、二人ともシンセサイザー(シンセ・ベースやシンセ・ドラム)の演奏の方が前面に出てしまっているので、そこが逆にECMらしいというか何というか。ECMのアルバムの中では変わりダネで、ロック寄りで元気な部分も時々あります。ギターがだいたいギュワーンと来るところなんか、やっぱり、と思わせます。ECMにはこういうアルバムもあるということですね。


Cloud About Mercury/David Torn(G)(ECM 1322)(輸入盤) - Recorded March 1986. Mark Isham(Tp, Piccolo Tp, Flh, Synth), Tony Levin(Chapman Stick, Synth B.), Bill Bruford(Ds, Synth Ds, Per) - 1. Suyafhu Skin... Snapping The Hollow Reed 2. The Mercury Grid 3. 3 Minutes Of Pure Entertainment 4. Previous Man The Network Of Sparks 5. a. The Delicate Code 6. b. Egg Learns To Walk ...Suyafhu Seal

全6曲中5曲がデヴィッド・トーンの作曲、4曲目と6曲目前半は4人での意外にロック的でまとまりの良いフリー・インプロヴィゼーション。リズムセクションがトニー・レヴィンとビル・ブラッフォードでは、必然的にロック・サイドの曲になってしまうと思ったのですが、純粋にベースとドラムスではなく、シンセサイザーの使用が多いので、ミニマル的な要素やファンク、プログレ的な要素が強い感じ。シンセサイザーの中をゆっくり切り裂くギターが目立っていて、後半ドラムスもリズミカルな1曲目、ホーンの響きが、強靭なギター、機械的なベースとドラムスの対比でやや温かい2曲目、心地良いリズムにノッてロックしている3曲目、アルバム中唯一の静かな場面かなと思える5曲目、テンポの良い前半の後に叙情的にせまる6曲目後半。

« From Now On.../Scott Wendholt Quartet/Sextet | トップページ | More Urban Tones/Grant Stewart Quartet »

ECM1301-1350番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513923

この記事へのトラックバック一覧です: Cloud About Mercury/David Torn:

« From Now On.../Scott Wendholt Quartet/Sextet | トップページ | More Urban Tones/Grant Stewart Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト