私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Three Viennese Dancers/Gavin Bryars | トップページ | Arbos/Arvo Part »

2006/02/15

All Those Born With Wings/Jan Garbarek

1324
ヤン・ガルバレクは以前から北欧色の強いサックスでしたけれど、この一人多重録音のアルバムを聴くと、いわゆる狭義のジャズではない。これを北欧サウンドと言うのだろうか、スペイシーで哀愁がある低い温度感でせまってくる世界なのですが、「北欧」がこんなものかなあ、という認識ができたアルバム。「ジャズを聴きたいんであってこういう音楽を聴きたくはない」という人も当然いるであろう極端な、聴く人を選ぶサウンドですが、私がECMにはまり込んで行ったのもこういう個性的で、ある意味深いサウンドを聴いたからでもあります。ヒーリングのようでいて、意外にシリアスな感じが全編を通してあります。


All Those Born With Wings/Jan Garbarek(All Instruments)(ECM 1324) - Recorded August 1986. - 1. 1st Piece 2. 2nd Piece 3. 3rd Piece 4. 4th Piece 5. 5th Piece 6. 6th Piece

全曲ヤン・ガルバレクの作曲、というよりは即興での演奏をサックスだけでなく、シンセサイザーなども使って一人多重録音し、セレクトしてまとめた世界。 多くは空間を生かした広がりのあるサウンドで、漂うようでもけっこうシリアスかも。哀愁あふれる、そして静かなリフが続きつつ、サックスが後半時々つんざくように入ってきたり、リフが力強くなったりする1曲目、北欧的かつ日本的のような分かりやすいテーマとエコーの効いたパーカッションの入る2曲目、素朴でゆったりした哀愁のある3曲目、ピアノとサックスのの何となく物悲しげな雰囲気が印象的な4曲目、前半はギターをバックに、後半はサックスソロでの、入っては消えていくサックスが歌う13分の5曲目、スペイシーなパーカッションとゆったりしたサックスの6曲目。

« Three Viennese Dancers/Gavin Bryars | トップページ | Arbos/Arvo Part »

ECM1301-1350番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513911

この記事へのトラックバック一覧です: All Those Born With Wings/Jan Garbarek:

« Three Viennese Dancers/Gavin Bryars | トップページ | Arbos/Arvo Part »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト