私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« On Second Thought/Greg Gisbert Sextet | トップページ | Chaser/Terje Rypdal »

2006/01/27

Spheres/Keith Jarrett

1302
しかしこのアルバム、パイプ・オルガンの演奏なので、クラシックや現代音楽にカテゴライズした方が良いようなサウンドですが、フリー・インプロヴィゼーションという点ではジャズ・スピリットもあるのかな、とも思います。サウンドは当然、荘厳、神聖、時間軸に沿ってゆっくり流れていく、というものです。でも、聴いていて不思議なヒーリング感覚があったりします。キース・ジャレットのこのアルバム、LPとは違ってCDには全部収録ではないので、ちょっともったいないような気もしています。できれば全部聴いてみたいけれど、雰囲気はCDを長くしただけ、というような気もするので、どうなんでしょうか。


Spheres/Keith Jarrett(Org)(ECM 1302) - Recorded September 1976. - 1. Spheres(1st Movement) 2. Spheres(4th Movement) 3. Spheres(7th Movement) 4. Spheres(9th Movement)

邦題「賛歌」。ECM 1086/87の2枚組LPのセレクト。あらゆる事にチャレンジするキース・ジャレットが、オルガン(ハモンド・オルガンではなく、パイプ・オルガン)のアルバムを残しました。 ある修道院にある18世紀製作のバロック・オルガンを使用とのこと。ピアノのインプロヴィゼーションをオルガンに置き換えて、その響きをコントロールしているのは画期的かも。音の厚みが持続 していき、そこに非常にゆったりとしたドラマが生まれてきます。ジャンルとしてはクラシックや現代音楽に近いものを感じますが、それもフリー・インプロヴィゼーションで、進んでいく物語に荘厳な、あるいは神聖なものを感じます。4曲共に微妙にサウンドカラーが異なり、その音の流れに身を任せて聴いていくのもいいかも。できれば全曲収録を。

(追記’12年12月27日)全曲収録されたCDがECM 1086/87として出ました。

« On Second Thought/Greg Gisbert Sextet | トップページ | Chaser/Terje Rypdal »

ECM1301-1350番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513981

この記事へのトラックバック一覧です: Spheres/Keith Jarrett:

« On Second Thought/Greg Gisbert Sextet | トップページ | Chaser/Terje Rypdal »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト