私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mel's Spell/Melvin Rhyne Trio | トップページ | In The Moment/John Swana Sextet »

2006/01/30

Slide Show/Ralph Towner/Gary Burton

1306
実はまだ手直しをしていないECM盤はジャズがほとんどでクラシック(現代音楽)がちょっと。そしてその大部分が国内盤になったことのあるもので、なおかつホームページにアップしたのが’98年以前のものです。あまりマイナーなCDがないので、比較的手をつけやすい、という面もあります。今日のアルバムはその中でもややマイナーな方か。ラルフ・タウナーのクラシック(時に12弦フォーク)ギターとゲイリー・バートンのヴァイブラホン(時にマリンバ)の組み合わせって地味ではあるけれども、やっぱりこの2人から出てくるフレーズはタダ者ではないので、それなりに楽しませてくれます。


Slide Show/Ralph Towner(G)/Gary Burton(Vib, Marimba)(ECM 1306) - Recorded May 1985. - 1. Maelstrom 2. Vessel 3. Around The Band 4. Blue In Green 5. Beneath An Evening Sky 6. The Donkey Jamboree 7. Continental Breakfast 8. Charlotte's Tangle 9. Innocenti

約10年ぶりのデュオによるアルバム。といっても、ほぼ全曲ラルフ・タウナーの曲(4曲目以外)なので、実質彼の作品 かも。アコースティック・ギターとヴァイブラホンなので、渋く、しかもただ者ではない世界。まさに邦題タイトルの「大渦巻」のような、緩急自在で緊張感のある深い世界が広がっている1曲目、淡彩色のメロディだけれどもブルースヴィーリングもある2曲目、2人の急速なフレーズと曲の明るさが心地良い3曲目、唯一他人の作でしっとりとしたバラードの4曲目、夜の切ない叙情感を表わすような静かな5曲目、アメリカ的な明るいサウンドが心地良く響く6曲目、急速調でやや浮遊感を交えつつスリリングな7曲目、薄いベールに覆われた哀愁が顔をのぞかせる8曲目、マリンバでやはりこれも哀愁満点の雰囲気の9曲目。

« Mel's Spell/Melvin Rhyne Trio | トップページ | In The Moment/John Swana Sextet »

ECM1301-1350番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60513970

この記事へのトラックバック一覧です: Slide Show/Ralph Towner/Gary Burton:

« Mel's Spell/Melvin Rhyne Trio | トップページ | In The Moment/John Swana Sextet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト