私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Eric Alexander In Europe/Eric Alexander Quartet | トップページ | チュニジアの夜/ウィル・ブールウェア »

2006/01/20

Real Life Hits/Gary Burton Quartet

1293
今日、久しぶりにこのアルバムを聴いてみましたが、当時(20年以上前)から小曽根真のピアノはスゴかった、ということが分かりました。ゲイリー・バートンのレコーディングに抜擢されるだけのことはありますね。珍しく4ビートの場面が1曲目と7曲目にありますが、バリバリのバップではないところが、やっぱりECMのコントロール下に置かれているんだな、ということが分かります。ただ静かなだけではなく、聴きどころも多いという点で、このアルバム、なかなか良いと思いました。


Real Life Hits/Gary Burton(Vib) Quartet(ECM1293)(輸入盤) - Recorded November 1984. Makoto Ozone(P), Steve Swallow(B), Mike Hyman(Ds) - 1. Syndrome 2. The Beatles 3. Fleurette Africaine 4. Ladies In Merceres 5. Real Life Hits 6. I Need You Here 7. Ivanushka Durachok

自作はなし。元気もいい場面もあって、ECMとしてはちょっと異色。キーポイントは小曽根真のピアノ。当時から素晴らしかったのでした。ピアノとヴァイブラホンの組み合わせは音がぶつかるので難しいらしいです。 スピーディーなテーマの後にヴァイブラホンのドラムスとのデュオで速いパッセージの応酬し、その後ピアノがアップテンポのECMでは珍しい4ビートで活躍する1曲目、やや冷めた静かなバラードの2曲目、デューク・エリントン作を静かな出だしから徐々に8ビートで流していく3曲目、スティーヴ・スワロウ作のサンバで盛り上がる4曲目、複雑でゴツゴツしたテーマを持ってそのまま続くカーラ・ブレイ作のタイトル曲の5曲目、優しくて静かなバラードの6曲目、メカニカルなフレーズもあるけれど4ビートでノリの良い7曲目。

« Eric Alexander In Europe/Eric Alexander Quartet | トップページ | チュニジアの夜/ウィル・ブールウェア »

ECM1251-1300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514005

この記事へのトラックバック一覧です: Real Life Hits/Gary Burton Quartet:

« Eric Alexander In Europe/Eric Alexander Quartet | トップページ | チュニジアの夜/ウィル・ブールウェア »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト