私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« グリーン・フィールド/スティーヴ・カーン | トップページ | エース・オブ・ベース/ジェフ・バーリン »

2006/01/07

Duas Vozes/Egberto Gismonti/Nana Vasconcelos

1279
ブラジルのミュージシャンが2人、しかもギター(の曲が多い)とパーカッションの組み合わせで、どういう音が出るかというと、ギターやピアノなど西欧の音階の楽器を使用していても、やっぱり南米のサウンドが聴こえてきます。素朴な時もあればけっこう洗練されている時もあり、場面によって違うけれども、広くワールドの世界に入り込んでいる感触。そして、やはりエグベルト・ジスモンチならではの不思議なギターの和音とフレーズ。けっこう印象的に響いてきます。時に風景が視覚的に目の前に広がってくるような音使いが、このアルバムのキモではないかとも思います。この方面が好きではない方には、何じゃこれは、と思われるかもしれませんが(笑)。


Duas Vozes/Egberto Gismonti(G, P, Fl, Dilruba, Voice.)/Nana Vasconcelos(Per, Berimbau, Voice)(ECM 1279) - Recorded June 1984. - 1. Aquarela Do Brasil 2. Rio De Janeiro 3. Tomarapega 4. Dancando 5. Fogueira 6. Bianca 7. Don Quixote 8. O Dia, A Noite

邦題「ふたつの声」。それぞれの曲ないしは他との共作が8曲中6曲。2人の演奏が対等な感じで行われていて、聴くものの心に迫ってくるようなアルバム。2人ともブラジル出身なので、民族的なサウンド。これがジャズかと いうと難しいけれど、少なくともスピリットは十分ジャズと言えます。個性的なギターのサウンドとパーカッション(声?)の同居がタイトルのように水彩画を想起させる1曲目、出だしのスピーディーなサウンドがスリリング、そして緩急自在な2曲目、トラディショナルでヴォイスが面白い3曲目、やはり乾いたギターとパーカッションの4曲目、やや元気で明るい感じになった5曲目、浮遊感のあるメロディが心に焼き付く6曲目、ピアノにかわって南米の風景が広がる7曲目、パーカッションと素朴な音色の楽器の8曲目。

« グリーン・フィールド/スティーヴ・カーン | トップページ | エース・オブ・ベース/ジェフ・バーリン »

ECM1251-1300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514047

この記事へのトラックバック一覧です: Duas Vozes/Egberto Gismonti/Nana Vasconcelos:

« グリーン・フィールド/スティーヴ・カーン | トップページ | エース・オブ・ベース/ジェフ・バーリン »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト