私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Trommelgefluster/Harald Weiss | トップページ | Blue Sun/Ralph Towner »

2005/12/13

Through The Shadows/Scott Wendholt Quintet

1101
Criss Crossレーベル順番聴き1日目。今回は2日分先にやってしまったので、3日間だけやります。さてScott Wendholtの2作目ですが、やっぱり上手いなあ、と思います。曲作りもけっこうこっています。しかし、逆に言えばジャズ界ではこのぐらいの人ってけっこういると思うので、曲作りも演奏も器用な分、ちょっと個性的なイメージでは損をしているのではないのかな、と思う面もあります。うんうん、けっこういいなあ、という印象は残るのだけれども。ただ、曲が単にハードバップに流れないように随所に工夫がしてあって、それぞれの曲も個性的ではあります。ちょっとスマートな感じもしますが、ジャズらしいと言えばジャズらしい。


Through The Shadows/Scott Wendholt(Tp) Quintet(Criss Cross 1101)(輸入盤) - Recorded December 19, 1994. Don Braden(Ts, Fl), Bruce Barth(P), Ira Coleman(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Through The Shadows 2. Hour Of The Pearl 3. Kaleidoscope 4. You Know I Care 5. Totem 6. Beatrice 7. Awaiting Spring 8. Just In Time

(05/12/10)Scott Wendholt作は全8曲中5曲(1-3、5、7曲目)。オリジナルが多めなので曲で勝負している感じ。タイトル曲の1曲目は出だしがミュート・トランペットとフルートで、静かになってから急にラテン的なハードバップ攻撃の思い切った展開。ややスローで綾織り系の感触を持ちつつ徐々にミディアムの「ジャズ」になっていく2曲目、メカニカルでえらく速いユニゾンのテーマが続くアップテンポのスリリングな3曲目、ワン・ホーンでしっとりと、ある面では饒舌にバラードを奏でる4曲目、元気の良いボッサという感じで進んでいく淡さも熱さもある5曲目、サム・リヴァース作のメロディアスな曲をミュートで吹く6曲目、ワルツで盛り上がりもある多少夢見心地のサウンドの7曲目、スタンダードをアップテンポで突進する8曲目。

« Trommelgefluster/Harald Weiss | トップページ | Blue Sun/Ralph Towner »

Criss Cross1101-1150番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7553009

この記事へのトラックバック一覧です: Through The Shadows/Scott Wendholt Quintet:

« Trommelgefluster/Harald Weiss | トップページ | Blue Sun/Ralph Towner »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト