私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden | トップページ | Trommelgefluster/Harald Weiss »

2005/12/12

Prima O Poi/ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ

Giovanniprima
Sketchレーベルがつぶれてしまったせいか、澤野工房のレーベルでの発売です。ただ、Sketckレーベルを澤野工房が買い取っているので、レーベル名はAterlier Sawanoでも、演奏内容やジャケットデザインはそのままSketchの流儀でやっているように感じます。それにしてもジョバンニ・ミラバッシの哀愁とセンチメンタリズム、たぶん聴けば一発で分かると思うぐらい個性的。ちょっと甘い、という人もいるかもしれませんが、女性には受けそうですね。しかもオリジナルの曲が大半を占めていて、いかにも売らんかな、という姿勢でもないところがスゴいですね。ゴツゴツしたジャズばかりではなくて、こういうアルバムも、今はけっこう人気が出るんじゃないかと思っています。


Prima O Poi/ジョバンニ・ミラバッシ(P)・トリオ(澤野工房)
Prima O Poi/Giovanni Mirabassi(P) Trio+(Atelier Sawano AS053) - Recorded May 19 and 20, 2005. Gildas Bocle(B), Louis Moutin(Ds), Flavio Boltro(Tp, Flh on 3, 7, 10) - 1. Barcarole 2. Ero Io 3. Symphomaniax 4. Gettin' In... 5. Theme From Howl's Moving Castle 6. Lloro 7. L'ingenere 8. Tot Ou Tard 9. Minor Voyage 10. Il Bandolero Stanco (11. Symphomaniax(Video Clip))

ジョバンニ・ミラバッシ作が澤野工房の方から。彼の作曲は5-6曲目以外。相変わらずの深い叙情性は心に訴えかけてきます。切ない哀愁をたたえながら淡い情感でせまってくるメロディアスな1曲目、ボッサに近く、フレーズが畳みかけながらも深く沈みこむ2曲目、ホーンが入ってワルツで短調ながらも元気のある3曲目、ソロピアノで陰影のある流れるような小品の4曲目、メランコリックなメロディでセンチメンタルなワルツの5曲目、エグベルト・ジスモンチ作の明るくてテンポの良い6曲目、優しいミュートトランペットが心地良いワルツの7曲目、16ビート的ノリの上をメロディックにフレーズが走る8曲目、やはり淡い哀愁を垣間見て後半盛り上がる9曲目、漂うようなきれいなメロディが心地良い10曲目。11曲目は画像。(05年11月12日発売)

« The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden | トップページ | Trommelgefluster/Harald Weiss »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7552036

この記事へのトラックバック一覧です: Prima O Poi/ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ:

« The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden | トップページ | Trommelgefluster/Harald Weiss »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト