私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Such Winters Of Memory/John Surman | トップページ | Standards, Vol.1/Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette »

2005/12/17

ウィンター・セレクション/国府弘子

Hirokowinter
国府弘子のベストアルバムですが、これで3枚目。大手のレーベルに属していると、木住野佳子もそうだけれど、ベストアルバムの時期が早く、しかも多い。これをご本人の意思で出しているのかどうか、ちょっと気になるところです。必ず新録音を数曲混ぜていて、追いかけていると買わざるを得ない状況もちょっと苦しいかも(笑)。ただ、そのことはまあ、置いておいて、曲の構成などは、良い曲を選んでいるだけに、けっこういいですね。BGMにするにはちょっと盛り上がってしまう曲もあるけれど、そんなには悪くはないです。ただ、量産はいいのかどうか、これはご本人にしか分からないけれども、聞いてみたい気がします。


ウィンター・セレクション/国府弘子(P)(JVC)
Winter Selection/Hiroko Kokubu(P)(JVC) - 1. Snow White 2. Horizon 3. Starland 4. Azzurro Fantasia 5. Little Anniversary 6. The Moment We Share 7. Apres L'amour 8. Song For Bohemian 9. I'll Be With You, Sometime 10. Sing For Love 11. Lettin' Go 12. Winter Song 13. Miagete Goran Yoru No Hoshi Wo 14. Flowers - Aiga Yobiautoki [Piano Solo Version] 15. The Christmas Song

国府弘子の3枚目のベストアルバムで、タイトルどおり冬のイメージの曲を集めたアルバム。シングルからの14曲目と新録音の15曲目が入っています。冬ということで、勝負の1曲目についても、淡々とピアノ1台で語りかけてくる曲を持ってきています。フュージョンタッチでノリの良い彼女の曲もあるけれど、うまくジャケットのように白い冬のイメージに合わせて選曲している感じです。盛り上げるべきところは盛り上げて、70分を超えるベスト盤の流れをうまく作り上げている感じ。内容としては、ヒーリングからスムース・ジャズにかけての流れのサウンドが多いです。14曲目はソロ・ピアノでメロディはポップスのようだけれどもしっとりと流れていくような雰囲気。15曲目はギターとのデュオで静かにクリスマスを語り合います。(05年11月30日発売)

« Such Winters Of Memory/John Surman | トップページ | Standards, Vol.1/Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7570255

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンター・セレクション/国府弘子:

« Such Winters Of Memory/John Surman | トップページ | Standards, Vol.1/Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト