私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« All The Magic!/The One And Only/Lester Bowie | トップページ | The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden »

2005/12/11

ワン・ダウン、ワン・アップ:ライヴ・アット・ザ・ハーフノート/ジョン・コルトレーン

Johnonedown
このBlog、基本的には’70年代以降のジャズの紹介なんですけれど、たまに’50-60年代のアルバムの紹介もあります。今日は世界初CD化というジョン・コルトレーンのライヴ録音。だいぶアグレッシヴになってきたけれど、まだリズム的にはフリーまで行かない、けっこう綱渡りの時。私個人的にはフリー・ジャズというのは、リズムフィギュアまでぶっ飛んでしまった段階を言い、ジョン・コルトレーンのこの4人での演奏は、まだフリーとは言いません。確かにコルトレーンだけぶっ飛んであっち側の世界に行ってしまっているような気もしますが、他の3人はいくらアグレッシヴでもこちら側の世界の人、ということで(笑)。アグレッシヴやフリーのジャズに慣れた方ならば、音も良いし、聴いてみる価値はあると思います。そっち方面では(という限定ですが)、聴きやすい方かと思いますが、取り扱い注意、といったところでしょうか。


ワン・ダウン、ワン・アップ:ライヴ・アット・ザ・ハーフノート/ジョン・コルトレーン(Ts、Ss)(Impulse)
One Down, One Up: Live At The Half Note/John Coltrane(Ss, Ts)(Impulse) - Recorded March 26 and May 7, 1965. McCoy Tyner(P), Jimmy Garrison(B), Elvin Jones(Ds) - [Disc 1] 1. Introductions & Announcements 2. One Down, One Up 3. Announcements 4. Afro Blue [Disc 2] 1. Introductions & Announcements 2. Song Of Praise 3. Announcements 4. My Favorite Things

’65年録音。マッコイ・タイナー(P)、ジミー・ギャリソン(B)、エルヴィン・ジョーンズ(Ds)のクァルテット。3月と5月のハーフノートでのライヴで、世界初CD化。CD2枚組なのに、演奏されている曲はわずか4曲で12-27分台の曲と、猛烈なジョン・コルトレーンのソロのオンパレード。まだこの4人ががっぷり組んでいて、リズムやテンポは崩れておらず、そこをコルトレーンが縦横無尽に吹きまくる構図。サックスは自分の世界に没入しつつ強烈なオーラを発していますが、聴きやすさもある程度あるかと思います。やはり1曲目が長丁場をエネルギーを維持しつつ、後半ドラムスとの一騎打ちになり、強力か。モーダルな定番作品をやはりここだけのソロをとる2曲目(アナウンスが入って途中でフェードアウト)、スピリチュアルなバラードと思ったらこれでもかと盛り上がっていく3曲目、聴くごとにヴァージョン違いが嬉しい有名な4曲目。(05年10月26日発売)

« All The Magic!/The One And Only/Lester Bowie | トップページ | The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7459872

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・ダウン、ワン・アップ:ライヴ・アット・ザ・ハーフノート/ジョン・コルトレーン:

« All The Magic!/The One And Only/Lester Bowie | トップページ | The Ballad Of The Fallen/Charlie Haden »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト