Twitter

無料ブログはココログ

« Rejoicing/Pat Metheny with Charlie Haden & Billy Higgins | トップページ | Prayer/キヨシ・キタガワ・トリオ »

2005/12/31

Night/John Abercrombie

1272
これまたメンバーがスゴいですね。ECMレーベルでありながら、そのレーベルの許すギリギリのところで暴れている、という感じがなきにしもあらず。もちろん全体のイメージとしては内向的で寒色系だし、静かなバラードの曲もあるのですけれども。ただ、6曲目で、往年のオーネット・コールマンのバンドのように4ビートでいながらフリー感覚を持って疾走するような曲もあって、かなりキテますね。もちろんマイケル・ブレッカーやリーダーのジョン・アバークロンビーの楽器の露出度もけっこうあるので、そういう意味では楽しみなアルバム。


Night/John Abercrombie(G)(ECM 1272) - Recorded April 2-3, 1984. Jan Hammer(Key), Jack DeJohnette(Ds), Mike Brecker(Ts) - 1. Ethereggae 2. Night 3. 3 East 4. Look Around 5. Believe You Me 6. Four On One

1曲目のみヤン・ハマー作曲で、他はジョン・アバークロンビーの作曲。ハマーがエレクトリック・キーボードですが、ベースラインも弾いていて、基本的には現代風オルガントリオ・プラス・ホーンのような感じ。 哀愁漂う流れるような出だしと思いきや、タイトルのようにモロにレゲエのリズムになって、ややロックっぽい風味もあって面白い1曲目、ピアノも弾いていて、静かで夜の雰囲気が出ているバラードのタイトル曲の2曲目、3分の15拍子とでもいうのか、不思議なワルツノリでやはりマイナー系の情緒が心地良くせまる3曲目、マイナー系のバラードだと思ったら一部ブルース的なリズムもあったり交互に表情を変えていく4曲目、ややアップテンポの8分の6拍子で盛り上がる5曲目、アップテンポで自由系4ビートの6曲目。

« Rejoicing/Pat Metheny with Charlie Haden & Billy Higgins | トップページ | Prayer/キヨシ・キタガワ・トリオ »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1251-1300番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Night/John Abercrombie:

« Rejoicing/Pat Metheny with Charlie Haden & Billy Higgins | トップページ | Prayer/キヨシ・キタガワ・トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト