私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Wayfarer/Jan Garbarek Group | トップページ | Vision/Shankar »

2005/12/21

Lyric Suite For Sextet/Chick Corea/Gary Burton

1260
ECMレーベルのアルバムコメントの手直し作業も思い出したらやっていて、数年かかってやっと1260番までいきました。実はまだ150枚ぐらい手直しするのが残っているので、あと何年かかるやら、少々気が重いです。それでも逆に考えると、すでにここまで来ている、という考えも成り立ちますね。1650番以降はすでに全部直っているので、だいぶ進んでいる、と考えてもよいのでしょうか。

さて、ピアノ、ヴァイブラホン、弦楽四重奏団のアルバムです。今ではこういう編成も珍しくはない(いや、まだ珍しいか?)ですけれど、当時はかなり異色だったのではないかと思います。メインのチック・コリアとゲイリー・バートンのキャラクターが合っているということもあるのでしょうけれど、ECMらしさはあるにしても、極端に小難しいような雰囲気ではなく、すんなりと耳に入ってくるのがいいところかも。ノリはやっぱりクラシックかな、という気はしています。


Lyric Suite For Sextet/Chick Corea(P)/Gary Burton(Vib)(ECM 1260) - Recorded September 1982. Ikwhan Bae(Vln), Carol Skive(Vln), Karen Dreyfus(Viola), Fred Sherry(Cello) - 1. Overture 2. Waltz 3. Sketch (For Thelonious Monk) 4. Roller Coaster 5. Brasilia 6. Dream 7. Finale

邦題「セクステットのための抒情組曲」。チック・コリア作曲。弦楽四重奏団との共演のためクラシックに非常に近い雰囲気で、それでいて端正な2人の演奏。弦を抜けば、やや抑え目ないつもの 2人という感じもします。書き譜がメインの演奏でしょうけれど、2人ともこういう演奏は得意だと思うので、自然な緊張感で曲は進んで行きます。全体が組曲なのでドラマチック。ややスピーディーでスリルのあるサウンドの1曲目、淡白でやや浮遊感のあるメロディアスなワルツの2曲目、セロニアス・モンクのタイトルがついている割にはスマートな小品の3曲目、鋭く斬り込む小品の4曲目、切ないクラシック的な情緒を強く感じるサウンドの5曲目、しっとりとしたやや蒼い夢幻をさまよう10分台の6曲目、カチッとしたフィナーレらしい7曲目。

« Wayfarer/Jan Garbarek Group | トップページ | Vision/Shankar »

ECM1251-1300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514091

この記事へのトラックバック一覧です: Lyric Suite For Sextet/Chick Corea/Gary Burton:

« Wayfarer/Jan Garbarek Group | トップページ | Vision/Shankar »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト