私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Codona 3/Collin Walcott/Don Cherry/Nana Vasconcelos | トップページ | Scenes/Michael Galasso »

2005/12/09

山吹/航(KOH)

Yamabuki
本当はポップスのジャンルに分類すべき音楽ですが、藤井郷子さんのレーベルから出ているアルバムであって、彼女がピアノその他で深く関与していることを考えると、あえてジャズの分類で考えてもいいのかな、と思いました。11曲目あたりはポップでノリの良い曲ではありますが、その歌詞はかなりユーモラスだったり、他の曲でもピアノの伴奏がフリー・インプロヴィゼーションではないかと思えるような音使いだったりしています。ヴォーカルの航さんも、メレディス・モンクのつんざくような声とはいかないまでも、通常のヴォーカルとは異色な部分を持ち合わせています。マニアックですが、藤井さん関連のヴォーカル作、ということで興味がある人、少なくないのでは。


山吹/航(KOH)(Libra Records) - Recorded November 29, 2004. Satoko Fujii(P), Ted Reichman(Accordion) - 1. Sola 2. 坂 3. マド 4. Untitled 5. 春よこい 6. 月の砂漠 7. Pakonya 8. あぜ道 9. 白磁白湯 10. 夏の樹 11. はじめてのデート

藤井郷子(P)、テッド・ライクマン(Accodion)。航という女性のヴォーカルアルバム。彼女のピアノも2、8曲目で聴けますが、フリー・インプロヴィゼーションと歌謡曲の間を行くような不思議な世界をさまよっている、独特のシャープなヴォーカルです。藤井郷子さんは、作る時はポップスのつもりだったらしいけれども、歌謡曲やニュー・ミュージックというよりは、やっぱり彼女たちの独自な音世界に彷徨いこんでいき、藤井の作曲は1、4、7、9、11曲と多め。「春よこい」(5曲目)、「月の砂漠」(6曲目)の童謡も、やはり独自な抽象性を持ったピアノが印象的です。航作詞の曲もハッとさせられるような内容で、田村夏樹作詞も4、7、11曲目とあり、歌詞がユーモラス。藤井さん関連初のヴォーカルアルバムなので、注目に値しますが、かなりマニアックな世界だと思います。(05年10月23日発売)

« Codona 3/Collin Walcott/Don Cherry/Nana Vasconcelos | トップページ | Scenes/Michael Galasso »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

北海道のCDショップです。
libra records「山吹/航」の注文を受けました。
卸会社と、商品番号を教えて下さい。
       担当 高橋

>玉川堂旭川店様

私はLibra Recordを主催する藤井郷子さんご本人から直接入手しているため、すいませんが卸会社は分かりません。

CD番号はLibra 203-012ですが、いわゆるインディーズレーベルで、自主制作盤に近い状態にある感じなので、1枚入手するのに輸送コストの方がかかりそうです。

CDショップとしては反則ですが、大手通販(AmazonやHMV)で入手してもらった方が、楽かも知れませんよ。

あまりご参考にならなくて、すいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7428388

この記事へのトラックバック一覧です: 山吹/航(KOH):

» [音海ダイバー]
もう11月ですね。めっきり寒くなってきました。私は仕事で山梨に行くことが多いので、すでに真冬の寒さを先取りしている感がありますが、東京の方も徐々に徐々に日々の寒さを増しつつあるようです。お出かけの際は防寒対策を忘れずに。... [続きを読む]

« Codona 3/Collin Walcott/Don Cherry/Nana Vasconcelos | トップページ | Scenes/Michael Galasso »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト