私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« LIVE-POWERED NEXUS/NEXT ORDER | トップページ | Axum/James Newton »

2005/11/20

Poison/Joachim Kuhn

Joachimpoison
5年ほど前まではジャズは国内盤を中心に買っていましたが、それは輸入盤の情報があまり入ってこなかったからで、今みたいにネット通販が発達してくると、輸入盤しかないものも多く、当然のことながら輸入盤の購入比率が高くなります。このヨアヒム・キューンも、最近は輸入盤しか出ないものも多く、しばらくチェックしないでいたら、その間にけっこう出てるんですね。今回、彼のアルバムを5枚まとめ買いしましたけれど、他はまた来月あたりに紹介しようかと思ってます。テーマはテーマではっきりしているけれど、アドリブに入ると、いきなりジャーマン・スープレックスをかけたようにフリー、あるいはフリーに近いところに強引に持っていく、という曲があるのも彼の特徴で、そのフレーズのスゴいこと。それによく他のメンバーがついていくなあと感心してしまいます。


Poison/Joachim Kuhn(P, As)(In+Out Records)(輸入盤) - Recorded December 10 and 11, 2004. Jean-Paul Celea(B), Wolfgang Reiginger(Ds, Electronics) - 1. Purple Haze 2. Lucy In The Sky With Diamonds 3. Angel Dust 4, Cocaine 5. Hohenrausch 6. Griserie 7. Sister Morphine 8. The Man With The Golden Arm 9. Mushrooms 10. Tequila 11. Withe Widow

(05/11/13)ヨアヒム・キューン作は全11曲中4曲(5-6、9、11曲目)。他はロックやポップチューンが多いです。ジミ・ヘンドリックス作のテーマは重量級で、アドリブはフリーに近い形の1曲目、テーマでは原曲のメロディが浮かび上がってくる、あとはフリーのビートルズ作の2曲目、ちょっと懐かしいメロディが印象的な3曲目、重いリズムの上を自由に舞い飛ぶピアノの4曲目、プログレ風な展開を示し、サックスも登場する5曲目、スペイシーで自由なバラードの6曲目、ローリング・ストーンズの何と12分にもなるやや静かな7曲目、サックスでややゆったりした曲を奏でる8曲目、ソロ・ピアノのややアップテンポで哀愁感の強い9曲目、ポップチューンにしては重い4ビートの10曲目、キメの多いスリリングなフレーズも多い11曲目。

« LIVE-POWERED NEXUS/NEXT ORDER | トップページ | Axum/James Newton »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/7079195

この記事へのトラックバック一覧です: Poison/Joachim Kuhn:

« LIVE-POWERED NEXUS/NEXT ORDER | トップページ | Axum/James Newton »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト