私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« American Garage/Pat Metheny Group | トップページ | Around 6/Kenny Wheeler »

2005/10/14

Obligation/Conrad Herwig

1268
Criss Crossレーベルで久々に新譜が出たので、また紹介していきます。まず、コンラッド・ハーヴィックのアルバムですが。この人メカニカルにバリバリと吹く印象があって、相棒にシーマス・ブレイク、ギターにこのレーベルでは珍しくマーク・ホイットフィールドで、この3人でどうなっちゃうんだろう、という気もしましたが、オルガンジャズになっていて、ちょっとルーズな感じに引き戻してうまくバランスが取れているような気がします。それでも、個々のソロなどを見ていると、場面によって吹きまくり、弾きまくりになっていて、聴いていて楽しい部分ではあります。もちろん、抑え気味にバラードやスローの曲もあって、全曲オリジナルにしてはバランスがうまく考えられている感じです。


Obligation/Conrad Herwig(Tb)(Criss Cross 1268)(輸入盤) - Recorded October 9, 2004. Seamus Blake(Ts, Ss), Mark Whitfield(G), Kyle Koehler(Org), Gene Jackson(Ds) - 1. Forget About Me 2. Solid Ground 3. Lazy Bones 4. Lua Flora 5. Obligation 6. Tell Me A Riddle 7. The Blue Shore Of Silence

(05/10/10)全曲Conrad Herwigの作曲。珍しくオルガンを加えたクインテットなのでいつも彼とは反対にややルーズな感じか。ギターのMark Whitfieldの参加も珍しい。ジャズロックのようなノリでちょっと渋めに、それでいてホーンのソロはバリバリと吹いて、後半はブローイング大会もある1曲目、ハーモニーやメロディが淡色系のワルツで、リラックスつつ盛り上がるソロの2曲目、曲名どおりレイジーな感じでマイナーなブルースの3曲目、アコースティック・ギターが基調でしっとりと哀愁深く奏で上げていくバラード、後半ボッサの4曲目、トロンボーンとドラムスのデュオをはさんで速いパッセージでソロが応酬するタイトル曲の5曲目、ちょっと早めの4ビートでオーソドックスな6曲目、淡いメロディでややスローな演奏の7曲目。

« American Garage/Pat Metheny Group | トップページ | Around 6/Kenny Wheeler »

Criss Cross1251-1300番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/6336538

この記事へのトラックバック一覧です: Obligation/Conrad Herwig:

« American Garage/Pat Metheny Group | トップページ | Around 6/Kenny Wheeler »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト