私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Le Voyage/Paul Motian | トップページ | In Pas(s)ing/Mick Goodrick »

2005/09/28

Soul Mates/Mike LeDonne Sextet

1074
Criss Crossレーベル順番聴き3日目。この頃、マイク・ルドンはけっこうこのレーベルからアルバムを出しています。アルバムごとの参加ミュージシャンも楽しみのひとつで、ここでは何と初期の頃のジョシュア・レッドマンが参加、それにライアン・カイザーもいたりとけっこう興味深い人選。どのメンバーもソロをやらせたらスゴいということで、このアルバム、何度も聴き返すことになりそうです。5曲目はバラードなのですが、そこを漂うようなピアノはけっこう速いフレーズを曲調にジャマにならないように弾いていて、けっこうこの人もヤルな、と思ったりもしたものでした。やっぱりオリジナルの曲がいいかな。


Soul Mates/Mike LeDonne(P) Sextet(Criss Cross 1074)(輸入盤) - Recorded January 18, 1993. Ryan Kisor(Tp), Joshua Redman(Ts), Jon Gordon(As), Peter Washington(B), Lewis Nash(Ds) - 1. Jessica's Birthday 2. Shaky Jake 3. Soulmates 4. Four-Eight-Four 5. Homage 6. Willow Weep For Me 7. C And B

(05/09/25)Mike LeDonneの作曲は7曲中4曲(3-5、7曲目)。セクステットですが、もっとゴージャスな気がするのは気のせいか。その曲のゴージャスさが出ているクインシー・ジョーンズ作の1曲目はテーマのハーモニーがカラフル。シダー・ウォルトン作のミディアムのハードバップタイプのジャズながら、各人のソロがけっこう魅力的な2曲目、テーマのハーモニーが分厚いスローな4ビートで、ブルース的な進行のソロを中間部で聴かせるタイトル曲の3曲目、スピーディーな展開でスリリングなソロを聴けて、リズムに時々仕掛けがしてある4曲目、しっとり感の強いメロディのバラードと渋いソロを聴かせる5曲目、ピアノ・トリオでスタンダードをブルージーに展開する6曲目、リズミカルでシャープなテーマとソロが印象的な7曲目。

« Le Voyage/Paul Motian | トップページ | In Pas(s)ing/Mick Goodrick »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/6107755

この記事へのトラックバック一覧です: Soul Mates/Mike LeDonne Sextet:

« Le Voyage/Paul Motian | トップページ | In Pas(s)ing/Mick Goodrick »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト