私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Arcade/John Abercrombie Quartet | トップページ | Photo With.../Jan Garbarek Group »

2005/09/24

スタンダード・ソング/ウィントン・マルサリス

Wyntonstand
ウィントン・マルサリスの新作で、しかもスタンダード集ということで買ってみました。国内盤は東芝EMIの発売なのにCCCDでなかった、ということも買ってみた要因。彼の演奏、最近になるにしたがって、先祖帰りというか、オールドスタイルになってくるので、好みとしてはデビューに近い頃のシャープなサウンドが好きだったのですが、今回もやはりオールド・スタイルも見え隠れしています。トランペット自体はかなりスゴいなあ、とは思うんですけれど。また、邦題では「スタンダード・ソング」になっていますが、原題は全く違うところなんか、これを売ってやろうという姿勢、ちょっと引っかかります。好みかどうかは別にして、演奏はけっこう良かったとは思います。録音がもう少し良ければ、と思いますが、ライヴだと止むを得ないかも。


スタンダード・ソング/ウィントン・マルサリス(Tp)(Blue Note)
Live At The House Of Tribes/Wynton Marsalis(Tp)(Blue Note) - Recorded December 15, 2002. Wessell "Warmdaddy" Anderson(As), Eric Lewis(P), Kengo Nakamura(B), Joe Farnsworth(Ds), Robert Rucker(Tambourine on 6), Orland Q. Rodriguez(Per on 1-2, 5-6) - 1. Green Chimneys 2. Just Friends 3. You Don't Know What Love Is 4. Donna Lee 5. What Is This Thing Called Love 6 2nd Line

ウェッセル・アンダーソン(As)、エリック・ルイス(P)、ケンゴ・ナカムラ(B)、オーランド・ロドリゲス(Per)、ジョー・ファーンズワース(Ds)、ロバート・ラッカー(Tambourine)。オリジナル曲はなく、スタンダードやジャズメン・オリジナルのライヴ。シャープさというよりは、ちょっとオールドスタイルで田舎風な訥々としたサウンドにも聴こえますが、これも個性か。やはりライヴならではの音質で、長めの曲が多い。セロニアス・モンクの1曲目は、トランペット・ソロの部分はやはり上手く、個性的ですが、ややアップテンポながら粘り気があるようなリズム。盛り上がります。メロディアスで各パートのソロが中心の展開の、ミディアムの17分もの2曲目、一転しっとりとしたバラードでじっくりと聴かせる3曲目、チャーリー・パーカー作「ドナ・リー」を猛スピードで驀進する4曲目、スタンダードをメロディアスに演奏して、軽い感じではじまり時にソロが火を噴く5曲目、セカンドラインのリズムで陽気に演奏する6曲目。(05年8月31日発売)

« Arcade/John Abercrombie Quartet | トップページ | Photo With.../Jan Garbarek Group »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/6062059

この記事へのトラックバック一覧です: スタンダード・ソング/ウィントン・マルサリス:

« Arcade/John Abercrombie Quartet | トップページ | Photo With.../Jan Garbarek Group »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト