私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Solo/Egberto Gismonti | トップページ | Fluid Rustle/Ebarhard Weber »

2005/09/26

In The Land Of The Tenor/Tad Shull Quartet

1071
Criss Crossレーベル順番聴き再び1日目。今日はタッド・シュル(シャル?)のワン・ホーン・クァルテットの演奏。多くの白人ミュージシャンが高域を駆使したメカニカルな演奏をしているのに比べ、この人、中域から低域にかけてを、黒人(アーチー・シェップなど)ほどアーシーに吹くわけではないのですが、どこかヨタッた有機的な感じがするのは私だけでしょうか。もちろん、曲によってはメカニカルなフレーズが出てくるのですけれど、白人にしては人肌のぬくもりを感じるというか、ちょっと酔っ払って吹いているのではないかと思わせる感じです。ワン・ホーンなので、そういう個性がけっこう目立っているように聴こえます。


In The Land Of The Tenor/Tad Shull(Ts) Quartet(Criss Cross 1071)(輸入盤) - Recorded December 17, 1991. Mike LeDonne(P), Dennis Irwin(B), Kenny Washington(Ds) - 1. Here's The Kicker 2. Night Horse 3. I Keep Going Back To Joe's 4. A Portrait Of Bojangles 5. This Is New 6. Pick Yourself Up 7. Nobody Else But Me 8. Angel Face 9. Prey-Loot

(05/09/24)Tad Shullの作曲は全9曲中1-2曲目。相変わらず個性的なサックスを吹いています。ミディアムのテンポのブルースで、サックスのちょっと気だるいようなフレーズの雰囲気が出ている1曲目、哀愁混じりでやや速いテンポの複雑な構成のテーマを持つ2曲目、やや太い音のサックスでゆったりと歌い上げていくバラードの3曲目、ちょっと酔っ払ったようなサックスのフレーズかまたいい、デューク・エリントン作のミディアムの4曲目、彼だとメカニカルなフレーズでも有機的に感じるアップテンポの5曲目、何となく千鳥足のようなゆったりとしたフレーズの6曲目、スタンダードをやや酔ったような感じで料理する7曲目、やや妖しい輝きを放つゆったりしたバラードの8曲目、ブルースらしからぬ感触もあるやや元気な9曲目。

« Solo/Egberto Gismonti | トップページ | Fluid Rustle/Ebarhard Weber »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/6097581

この記事へのトラックバック一覧です: In The Land Of The Tenor/Tad Shull Quartet:

« Solo/Egberto Gismonti | トップページ | Fluid Rustle/Ebarhard Weber »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト