私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Duet/Gary Burton/Chick Corea | トップページ | Sound Suggestions/George Adams »

2005/09/30

Focusing In/Dan Faulk Quartet

1076
Criss Crossレーベル順番聴き5日目。明日からまた別方面に行きます。今日のダン・フォークという人、Criss Crossレーベルには、サイド参加作品はなく、リーダー作はこれ1枚だけという人。Amazonでも調べてみたけれど、最近フレッシュ・サウンド・ニュー・タレントから1枚出しているようですが、やっぱり少ないですね。けっこう上手いんだけれども、やっぱりそれプラスアルファの何らかの個性がなければ、この業界、目立つのは難しいということなのでしょうか。確かにテナー・サックスの印象度という点では、昨日紹介したウォルト・ワイスコフの方が、好き嫌いは分かれそうですが、強さはありますね。


Focusing In/Dan Faulk(Ts) Quartet(Criss Cross 1076)(輸入盤) - Recorded December 21, 1992. Barry Harris(P), Rufus Reid(B), Carl Allen(Ds) - 1. Quintagon 2. Peace 3. I Love Paris 4. Nutty 5. Lover 6. Epistrophy 7. Stairway To The Stars 8. Barry's Tune

(05/09/25)Dan Faulkの作曲は全8曲中2曲(1、8曲目)。バリー・ハリスの参加が目をひきます。1曲目は割とオーソドックスなブルース寄りの雰囲気で吹きまくるのが印象的。ホレス・シルバー作の落ち着いたメロディのバラードでゆっくり語りかける2曲目、哀愁の漂っているスタンダードで、短調長調と表情が変わる曲を自由に舞う3曲目、セロニアス・モンク作をうまくそれっぽく雰囲気を出して演奏する、ただピアノはマイペースな4曲目、スタンダードをこれでもかとアップテンポの速いフレーズで攻める5曲目、やはりモンクの作品をモンク風の味付けのアプローチで演奏する6曲目、ピアノのみをバックにじっくりとメロディを奏でていくバラードの7曲目、メロディアスながら哀愁漂い浮遊感もちょっとある、ちょっとハネる8曲目。

« Duet/Gary Burton/Chick Corea | トップページ | Sound Suggestions/George Adams »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/6113122

この記事へのトラックバック一覧です: Focusing In/Dan Faulk Quartet:

« Duet/Gary Burton/Chick Corea | トップページ | Sound Suggestions/George Adams »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト