私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sound And Shadows/Ralph Towner Solstice | トップページ | Grazing Dreams/Collin Walcott »

2005/08/25

Upon A Time/John Abercrombie/George Marsh/Mel Graves

Johnupon
ジョン・アバークロンビー共演作4日目。’82年録音で、いちどLPで出たものをCD時代になってからもう1枚のLPの一部をカップリングして発売したものらしいです。10曲目までがジョン・アバークロンビーが参加しているアルバムで元のタイトルは「Drum Strum」。後半は「Marshland」。デュオで統一したアルバムですが、やっぱり10曲目までと11曲目以降が別物なので、ちょっと続けて聴くには気持ちの切り替えが必要かも。いずれにしてもインプロヴィゼーション度は高く、バリバリというわけではありませんけれど、演奏している人の2人のクレジットになっているものはフリー・インプロヴィゼーションととらえていいのかも。


Upon A Time/John Abercrombie(G, Mandolin, P)/George Marsh(Ds, Per, Thumb P)/Mel Graves(B)(New Albion Records)(輸入盤) - Recorded 1982. - 1. My Scottish Heart 2. Muchacha Dorada 3. Upon A Time 4. In The Woods 5. Demi-Saison 6. Baby Lucille 7. Vincent 8. Count 9. Chuck Man Rivers 10. Camel Walk 11. Play It Again 12. Moonfire 13. Gypsy Wand Song 14. McNabb The Crabb 15. Chelsea Bridge 16. Lullaby Of The Leaves

(05/08/15)1-10曲目がGeorge Marshとの時々多重録音もあるデュオで、10曲目まではどちらかまたは2人での作曲。後半11曲目以降はGeorge MarshとMel Gravesのデュオ。打楽器のデュオというのも珍しい。ゆったりとはじまったと思ったらスリリングな応酬になる1曲目、ちょっとラテン系の哀愁まじりで多重録音もある2曲目、映画音楽のように美しい場面もあるタイトル曲の3曲目、パーカッションがメインの、森の風景が見える4曲目、しっとりとしてポップス系のメロディのようでもある5曲目、スペイシーで明るめな、そして後半ロックっぽい6曲目、空間的なフリーで時おり激しい7曲目、4ビート浮遊系とも言える小品の8曲目、ギターで不安定なサウンドを出している9曲目、アルペジオで変拍子の静かな10曲目。

« Sound And Shadows/Ralph Towner Solstice | トップページ | Grazing Dreams/Collin Walcott »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/5486901

この記事へのトラックバック一覧です: Upon A Time/John Abercrombie/George Marsh/Mel Graves:

« Sound And Shadows/Ralph Towner Solstice | トップページ | Grazing Dreams/Collin Walcott »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト