私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« After The Rain/Terje Rypdal | トップページ | The Survivor's Suite/Keith Jarrett »

2005/08/17

The Following Morning/Eberhard Weber

1084
The Following Morning/Eberhard Weber(B)(ECM 1084)(輸入盤) - Recorded August 1976. Rainer Bruninghaus(P), Members of Philharmonic Orchestra, Oslo(Cello, French Horn and Oboe) - 1. T. On A White Horse 2. Moana 1 3. The Following Morning 4. Moana 2

(02/05/25)全曲エバーハルド・ウェーバーの作曲。ベースとピアノ、それにオーケストラの一部メンバーが参加していて、1曲目から、あの独特なエレクトリックを通したベース音が響いてきます。どの曲も10分前後。しっとり系のメロディで心の中に響いてくるような1曲目は、ピアノが、あるいはベースがメロディを奏でながら時おり見せるフレンチホルンやオーボエの表情が良い感じ。淡色系のイメージのサウンドで少しずつ表情を変えながら進行していく2曲目、重厚にたゆたう場面もあって哀愁度の高いメロディが時々刻み込まれていき、ゆったりと流れていく12分台のタイトル曲の3曲目。この曲と4曲目では普通のベース音も。4曲目では静かなサウンドをバックに、時にベースソロが漂い、ときに跳ねていく感じです。

« After The Rain/Terje Rypdal | トップページ | The Survivor's Suite/Keith Jarrett »

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

アンデルセンの印象の薄さ、と反対に、ウェーバーは濃いですね。
まったく今と変わらず、安定した音造りだなあ、と思いました。
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2017/01/04/074236

>kenさん

コメントどうもありがとうございます。

エバーハルト・ウェーバーは、最初なんだこれは、と思いましたけど、あの独特なベース音が病みつきになりますね。しかも割と一貫した弾き方でしたし。しばらく前に病気で弾けなくなってしまったのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514390

この記事へのトラックバック一覧です: The Following Morning/Eberhard Weber:

« After The Rain/Terje Rypdal | トップページ | The Survivor's Suite/Keith Jarrett »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト