私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ディープ・イン・ア・ドリーム/ヘレン・メリル | トップページ | John Swana And Friends/John Swana »

2005/08/10

Mountainscapes/Barre Phillips

1076
Mountainscapes/Barre Phillips(B)(ECM 1076) - Recorded March 1976. John Surman(Bs, Ss, Bcl, Synth), Dieter Feichtner(Synth), Stu Martin(Ds, Synth), John Abercrombie(G) - 1. Mountainscape 1 2. Mountainscape 2 3. Mountainscape 3 4. Mountainscape 4 5. Mountainscape 5 6. Mountainscape 6 7. Mountainscape 7 8. Mountainscape 8

曲名がマウンテン・スケープ1~8なので、組曲形式なのでしょうか。シンセサイザーを本格的に使用しているアルバムとしてはけっこう古い方で、うまく全体のサウンドにマッチしています。1曲目はさっそくジャズロックとインプロヴィゼーションの雰囲気をダイレクトに伝えます。シンセサイザーをバックにサックスが彩りを添える2-3曲目、ベースが比較的前面に出ていてサックスとの相性も良いゆったりした4曲目、スペーシーなワン・コードの曲の上をアグレッシヴにサックスが歌う5曲目、民族音楽的のようでもあり幻想的な6曲目、シーケンサーとベースで演奏される叙情世界の7曲目。ジョン・アバークロンビーは8曲目に参加していて、ある意味でビートが効いたフリーに近いサウンドの中をサックスと自由に飛び回ります。(99年10月1日発売)

« ディープ・イン・ア・ドリーム/ヘレン・メリル | トップページ | John Swana And Friends/John Swana »

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

浮遊音よりは、ビートがしっかりしている方が面白いですね。フィリップスのビート、良かったです。
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2016/09/05/082240

>kenさん

コメントどうもありがとうございます。

浮遊感とビート感とシンセサイザー、って感じだったでしょうか。このあたりバール・フィリップスとECMとの融合という感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514410

この記事へのトラックバック一覧です: Mountainscapes/Barre Phillips:

« ディープ・イン・ア・ドリーム/ヘレン・メリル | トップページ | John Swana And Friends/John Swana »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト