私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Cloud Dance/Collin Walcott | トップページ | The Pilgrim And The Stars/Enrico Rava »

2005/07/31

What Am I Here For?/Harold Ashby Quartet

1054
Criss Crossレーベル順番聴き4日目で、また一段落。今回は4回続けてテナー・サックスのリーダー作でしたが、それぞれ個性が違って、飽きさせませんでした。特に今日のハロルド・アシュビーは大ベテラン。そしてベン・ウェブスター派のサックスとなれば、他のミュージシャンとだいぶ違う雰囲気です。ただ、感想にはモダン以前の雰囲気云々と書きましたが、やっぱり現代のフレーズも彼なりに吹いているし、雰囲気を合わせつつもサイドのミュージシャンたちは、やっぱり今のフレーズを叩き出している部分も少なくないので、厳密に言えば、これも現代のジャズには違いありません。でもサックスの個性ってはっきりしていて面白いですよね。


What Am I Here For?/Harold Ashby(Ts) Quartet(Criss Cross 1054)(輸入盤) - Recorded November 30, 1990. Mulgrew Miller(P), Rufus Reid(B), Ben Riley(Ds) - 1. I Can't Get Started 2. What Am I Here For? 3. Mood Indigo 4. Frankie And Johnny 5. Once In A While 6. Poinciana 7. C Jam Blues 8. Prelude To A Kiss 9. September In The Rain 10. Perdido

(05/07/23)オリジナルは無し。長年在籍したデューク・エリントン楽団ゆかりの曲を多く演奏しています。ベン・ウェブスター派で、サックスはモダン以前の古き良き時代のジャズの雰囲気も。明るくゆったりとしていて味わいのある1曲目。エリントンの曲など、聴いた事があるメロディが次々と出てきて、サックスの奏法と合わせて懐かしさがあります。陽気だけれども速いフレーズも出る2曲目、有名なバラードの3曲目、トラディショナルでブルースのような4曲目、しっとりとスタンダードを聴かせる5曲目、有名な曲をムーディーなラテンタッチにした6曲目、ゴキゲンなブルースで明るく進行する7曲目、これも有名ですが懐かしい味わいのバラードの8曲目、4ビートだけれどもやはり明るい9曲目、ノリの良い曲で幕を閉じる10曲目。

« Cloud Dance/Collin Walcott | トップページ | The Pilgrim And The Stars/Enrico Rava »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/5111965

この記事へのトラックバック一覧です: What Am I Here For?/Harold Ashby Quartet:

« Cloud Dance/Collin Walcott | トップページ | The Pilgrim And The Stars/Enrico Rava »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト