私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield | トップページ | Moodsville/Bennie Wallace »

2005/07/18

Tribute/Paul Motian

1048
Tribute/Paul Motian(Ds)(ECM 1048)(輸入盤) - Recorded May 1974. Carlos Ward(As), Sam Brown(G), Paul Metzke(G), Charlie Haden(B) - 1. Victoria 2. Tuesday Ends Saturday 3. War Orphans 4. Sod House 5. Song For Che

(99/02/10)全5曲中3曲がポール・モチアンのオリジナル。1曲目は彼の作曲ながら、やや静かでかなり哀愁を帯びた世界が展開しています。チャーリー・ヘイデンとサム・ブラウンの個性に引きずられているのかも。当然ベースはぴったりのサウンド。他の曲でも、2人のギタリストがけっこう個性的でおもしろいかも。あおりたてるベースとドラムスの上を漂いながら徐々にフレーズを構築していくギターの2曲目、オーネット・コールマン作の、やや混沌としたまとまりをみせながら進んでいく3曲目、テーマで泣きのサックスが入っている比較的静かな、途中やや盛り上がる4曲目、哀愁たっぷり路線の、チャーリー・ヘイデン作の有名な5曲目。やはりギターとベースがカギになっていて、しっとり感が漂います。

« Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield | トップページ | Moodsville/Bennie Wallace »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

チャーリー・ヘイデンとサム・ブラウンの個性に引きずられているのかも。
==>本当にそうですね。
オーネットの強い影響のもとにある音で、その意味では当時のキース・ジャレットのグループの空気にとても近いように思えます。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

後年の彼のアルバムと比べると、リーダー以外の影響が大きく感じますが、それでもやっぱりECMらしい感じが漂います。これも当初聴いた時は周りの影響とか、あまりよく分らなかったのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514458

この記事へのトラックバック一覧です: Tribute/Paul Motian:

» [ECM1048] Paul Motian. Tribute (1974) もっとオーネットが知りたくなってきた [Kanazawa Jazz days]
1974年春のアイヒャーの米国録音シリーズ。リーブマン、クロンビーに続く3枚目。やはり音はECMらしく仕上がっている。内容も3枚のなかで、最もECM的。モチアンもヘイデンも、内省的な演奏だし、ビートよりも浮遊するような音、を指向する点でも。  ECMでのモチアンの...... [続きを読む]

« Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield | トップページ | Moodsville/Bennie Wallace »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト