私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio | トップページ | Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield »

2005/07/17

Timeless/John Abercrombie

1047
Timeless/John Abercrombie(G)(ECM 1047) - Recorded June 21 and 22, 1974. Jan Hammer(Org, Synth, P), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Lungs 2. Love Song 3. Ralph's Piano Waltz 4. Red And Orange 5. Remembering 6. Timeless

オルガン・トリオ(ここではピアノもあります)のアルバム。1、4曲目がヤン・ハマーの曲で、他はジョン・アバークロンビーのオリジナル。1曲目は12分台の曲。出だしがスピーディでオルガンやギターを弾きまくり、そして中間部には静かな場面もあるドラマチックでロック的な展開。アグレッシブなサウンドの部分もあり、ドラムスも元気です。ピアノとアコースティック・ギターで美しいメロディが漂うバラードの2、5曲目、これぞオルガン・トリオの曲とでもいうような4ビートノリでギターが縦横無尽に走る3曲目、急速調のジャズ・ロックといった雰囲気で、これでもかとフレーズがたたみかけてくるようなパワーのある4曲目 。ゆったりと入って、そしてゆったりと盛り上がっていく11分台のタイトル曲の6曲目で幕を閉じます。

« From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio | トップページ | Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

4. Ralph's Piano Waltz でマルティーノばりの演奏をECMで聞くとは思わなかったです。面白い。ドラム・オードもそうですが、NYCでの録音は面白いですね。ただ、アルバムとして発散気味なのが気になりますが。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

これを聴いた頃って、ECMの事もよく知らず聴いていて、何だかロックっぽいジャズだなあ、と思いつつも何となくひかれるものがあったような気がします。この後の廃盤が何枚かあったままに気付くだいぶ前の事でした。

工藤さん,続けておはようございます。

これも気まぐれで聞きました。記事にも書きましたが,高校生の頃,Jan Hammerという名前の方が,我々の耳に親しみがあったという,今となっては嘘のような本当の時代でした。

Jeff Beckのようなロックを聞いていた人間が,今や静謐系のECMのアルバムに魅かれるってのは,我ながら訳がわかりませんが,今でもJeff Beckはじめとするロックも好きなんで,完全に分裂症的音楽の聞き方ですね(爆)。

ということで,こちらもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

このあたり、自分のジャズ初期の頃に聴いてますけど、けっこうロック色が強いなあ、という印象でした。こういうのもアリか、という感じで。この頃からすると、ジョン・アバークロンビーのサウンドはだいぶ変わってきましたね。どちらも好きではあるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514460

この記事へのトラックバック一覧です: Timeless/John Abercrombie:

» [ECM1047] John Abercrombie: Timeless (1974) 音楽が熱かった時代をEditionする [Kanazawa Jazz days]
 1974年の初夏、アイヒャーはニューヨークに滞在していたのだろうか。マイルスがファンクを響かせ、RTFでディメオラのギターが轟いていた時代。  そんな時代の音、contemporaryな音を、Edition for Contemporary MusicたるECMはファイリングしている。リーブマンに続き...... [続きを読む]

» ジョンアバの"Timeless",若い頃はJan Hammerに反応してたいた私。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Timeless John Abercrombie (ECM) 今回も,ECM掘り起こし(笑)である。 私が高校生の頃だったと思うが,このアルバムについて耳にしたことがあった。まだECMレーベルの音楽 [続きを読む]

« From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio | トップページ | Scorched/Mark-Anthony Turnage/John Scofield »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト