私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Matchbook/Ralph Towner/Gary Burton | トップページ | So In Love/ロバート・ラカトシュ・トリオ »

2005/07/26

Theme To The Gaurdian/Bill Connors

1057
Theme To The Gaurdian/Bill Connors(G)(ECM 1057)(輸入盤) - Recorded November 1974. - 1. Theme To The Gaurdian 2. Childs Eyes 3. Song For A Crow 4. Sad Hero 5. Sea Song 6. Frantic Desire 7. Folk Song 8. My Favorite Fantasy 8. The Highest Mountain

(02/05/19)繊細で叙情的なアコースティックギターのソロが、曲によっては多重録音も交えながら展開しています。5曲目を除いてビル・コナーズのオリジナル。その美しい叙情性は1曲目のタイトル曲のように、淡い色合いで心の中にせまってきます。しっとりとした情感が出ていてゆったりと時が進んでいく2曲目、ややスピーディーな部分もあってギターのメロディに哀愁も漂う3曲目、スペイシーな広がりと浮遊感のある4曲目、唯一他人の曲でゆっくりと時が進んでいく叙情的な5曲目、幻想的な香りも漂わせているやや情熱的な6曲目、静かで牧歌的な「フォークソング」の7曲目、淡々と、そしてメロディアスに語りかけてくる8曲目、高所でのきりっとした透明感を漂わせているような静かな9曲目。

« Matchbook/Ralph Towner/Gary Burton | トップページ | So In Love/ロバート・ラカトシュ・トリオ »

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

久々に再会しました。実は菊地さんのアルバムに耽溺状態、でした。
このアルバムはどうしてもタウナーと重なる印象があって、だから、何か足りないように感じてしまいました。
タウナーよりも穏やかで優しい印象なのでがすが。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

ECMの方はゆっくり聴いていってください。タウナーのDiary(ECM1032)から、ギター・ソロ作品は2作目でしょうか。この後、ギター作品がECMで多く出てくるようになるかと思いますが、このアルバムも繊細な感じが出ていると思います。ギターの観点からECMをとらえている方もいらっしゃるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514441

この記事へのトラックバック一覧です: Theme To The Gaurdian/Bill Connors:

» [ECM1057] Bill Connors:Theme To The Gaurdian (1974) タウナー的音を狙うのだけど [Kanazawa Jazz days]
 久々にECMのレコードを取り出して聴きはじめた。ECM聴きで触発された感覚のままに、いろいろ聴いて歩くような狩猟採集民、のような彷徨の日々、だと思う。 1974年前半に米国で収録されたものが、ジャズに振り込んだ作品群ならば、1974年に欧州で収録されたものは、とて...... [続きを読む]

« Matchbook/Ralph Towner/Gary Burton | トップページ | So In Love/ロバート・ラカトシュ・トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト