私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Captain Marvel/Stan Getz | トップページ | Trance/Steve Kuhn »

2005/07/21

Ring/The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber

1051
Ring/The Gary Burton(Vib) Quintet with Eberhard Weber(B)(ECM 1051) - Recorded July 23 and 24, 1974. Mick Goodrick(G), Pat Metheny(G), Steve Swallow(B), Bob Moses(Per) - 1. Mevlevia 2. Unfinished Sympathy 3. Tunnel Of Love 4. Intrude 5. Silent Spring 6. The Colours Of Chloe

マイケル・ギブスの曲が3曲、カーラ・ブレイの曲と、参加メンバーの曲で成り立っています。パット・メセニーが参加していますが、ギターはミック・グッドリックもいるので、あまり目立ってはいません。曲によって2人のベーシストが同時参加。ヴァイブラホンを中心に全体で聴かせるようなサウンド。ゆったりとしているようでエキゾチックなメロディを持って進んでいく1曲目、やはりエキゾチック路線で不思議なビートで迫ってくる2曲目、静かですが2人のベースで浮遊感とともに語りかける3曲目、前半がドラムソロで、不思議なビート感のギター度も高い4曲目、カーラ・ブレイ作でしっとりと哀愁度の高い、10分台の5曲目、エバーハルド・ウェーバー作で彼のアルバムでもおなじみの、印象的な展開の6曲目。

« Captain Marvel/Stan Getz | トップページ | Trance/Steve Kuhn »

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

先般のヴェーバーへのオマージュ、につながるアルバムで素晴らしいですね。
特に最後の曲は良かったなあ。
少しバートンは苦手なんですが、ECMの枠の中ではいいですね。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

ゲイリー・バートンのリーダー作の中のパット・メセニーは地味な存在だなあ、という感じはするのですが、ここではやはりエバーハルト・ウェーバーがいい味を出している感じです。1050番も過ぎるとまた違ったECMという感じもしてきます。連続的な変化なんですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514455

この記事へのトラックバック一覧です: Ring/The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber:

» [ECM1051] The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber : Ring (1974) 知っているECMの空気の中へ [Kanazawa Jazz days]
 1974年の7月後半、西独での録音。 キース、ガルバレクと2枚吹き込んだ後、6月から7月にかけて米国で3枚、そして西独。巷では、ハンコックやマイルスのファンクが唸りを上げていた頃。そんななかで吹き込まれた、このアルバムが缶詰のように保っている空気は、ボク...... [続きを読む]

« Captain Marvel/Stan Getz | トップページ | Trance/Steve Kuhn »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト