私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Diary/Ralph Towner | トップページ | In The Light/Keith Jarrett »

2005/07/09

ギター・ルネッサンス2:夢/渡辺香津美

Kazumiguit2
渡辺香津美がイースト・ワークスに移籍した時にすぐ、アコースティック・ギターのソロ・アルバムを出しましたけれど、まさか2枚目が出るとは思いませんでした。けっこうこれで1枚通すのは難しいフォーマットだと思いますが、安定していて、曲順もよく考えられていて、1枚聴きとおすのにすんなり、というか、気持ち良く聴くことができました。プラスアルファの音楽の表情が豊かなのか、ちょっと他のミュージシャンでこのフォーマットで1枚アルバムができる人が、見当たりません。聴きやすさと安心感があって、当分の間何度も聴くアルバムになりそうです。やっぱりアコースティック・ギターもいいですね。


ギター・ルネッサンス2:夢/渡辺香津美(G)(ewe)
Guitar Runaissance 2 [夢]/Kazumi Watanabe(G)(EWE) - Recorded February 21 and 22, 2005. - 1. Smile 2. Allemande From Suite For Unaccompanied Cello No. 1 BWV 1007 3. Three Views Of A Secret 4. Uncle Wanear - The Fool On The Hill 5. Gondola Nouta 6. Blue Steel 7. Tabidatsu Aki 8. Night & Day 9. So What 10. Apres Un Reve 11. Nuages 12. Minor Swing

アコースティック・ギターのソロによる録音の2枚目で、一部ライヴ録音になっています。多重録音はなし。彼の作曲は4曲目前半とダイナミックな6曲目。クラシックからの題材(2、10曲目)もジャズ、スタンダード、チャップリン、ビートルズ、ジャコ・パストリアス、ユーミン、中山晋平、ジャンゴ・ラインハルトなどいろいろな題材がありますが、アコースティック・ギター1本(機種は変わるにしろ)で勝負しているせいか、不思議な統一感と美しさがあります。9曲目にはソー・ホワット(これのみエレキか)もあり、あまり抑制しないでバンバン弾きながらも、やっぱりアコースティック・ギターでの演奏だな、と思わずニンマリ。11-12曲目のジャンゴの曲も、あまりマヌーシュ・スイングという感じではなくて、雰囲気があって落ち着いています。(05年6月22日発売)

« Diary/Ralph Towner | トップページ | In The Light/Keith Jarrett »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/4854607

この記事へのトラックバック一覧です: ギター・ルネッサンス2:夢/渡辺香津美:

« Diary/Ralph Towner | トップページ | In The Light/Keith Jarrett »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト