私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Trance/Steve Kuhn | トップページ | Hotel Hello/Gary Burton/Steve Swallow »

2005/07/23

Eon/Richard Beirach

1054
Eon/Richard Beirach(P)(ECM 1054) - Recorded November 1974. Frank Tusa(B), Jeff Williams(Ds) - 1. Nardis 2. Places 3. Seeing You 4. Eon 5. Bones 6. Mitsuku

邦題は「ナーディス」。1-2曲目を除けば彼のオリジナルまたは共作。ヨーロッパ調透明感のあるサウンドながら、曲によりジャズらしさも引きずっています。ECMにしては珍しく、冷たいながらもややジャズっぽいノリで、マイルス・デイヴィス作の有名な邦題タイトル曲をこなしている11分台の1曲目、デイヴ・リーブマン作の静かで耽美的なバラードの2曲目、やはり美しいテーマやピアノ・ソロの部分を持つ、ため息が出るような3曲目、洋題タイトル曲で、表情を変化させながら展開していく4曲目、複雑なメロディとアップテンポのやや激しい曲で、やはりECMらしからぬ曲調の5曲目、エキゾチックなメロディで包みこんでくれるような6曲目。やっぱりバイラークのピアノのフレーズはクリスタルな印象があります。

« Trance/Steve Kuhn | トップページ | Hotel Hello/Gary Burton/Steve Swallow »

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

何回も何回もこのアルバムを聴いたのですが、どうも違和感が残りました。
いいアルバムなのだけど、ECM的でない部分が多いように思えました。
稲岡本の先入観抜きに聴いたのですが。。。。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

やはり音楽性の関係で、本国ではCD化が見送られた、と見る見方もできますね。私の方でも「曲によりジャズらしさも引きずっています。」なんてことを書いてありますし。でも、ECMという看板を取っ払うと、けっこう好きな方のアルバムになってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514447

この記事へのトラックバック一覧です: Eon/Richard Beirach:

» [ECM1054] Richard Beirach: Eon (1974) [Kanazawa Jazz days]
バイラークとECMについては、ECMに関する邦著で語られた件で、ある種の意識がついてまわる。が、そこはともかく聴いてみる。  バイラークは決して嫌いなピアノ奏者じゃない、むしろ「とても好きなタイプ」の筈。しかし、ターンテーブルに彼のレコードを置くことは、気...... [続きを読む]

« Trance/Steve Kuhn | トップページ | Hotel Hello/Gary Burton/Steve Swallow »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト